エンタープライズPLMの導入で、海外拠点と事業部門の製品データを統合 – @IT MONOist

Home » 04研究開発・生産・物流 » エンタープライズPLMの導入で、海外拠点と事業部門の製品データを統合 – @IT MONOist
04研究開発・生産・物流, コンカレントエンジニアリング コメントはまだありません



 Arasは2015年7月7日、電子・メカトロニクス設計と製造ソリューションの先進的企業であるスウェーデンのESCATECが、エンタープライズPLMとして同社の「Aras Innovator スイート」を採用したと発表した。

 ESCATECでは、製品情報管理の効率化と世界規模でのコンカレントエンジニアリング実現のため、エンタープライズPLMとしてArasを採用。これにより、グローバルな研究開発・プロセスエンジニアリング・顧客管理・工場その他のプロセスなど、研究開発部門から製造部門まで、事業部門全般の製品データを、同ソリューションを通じて管理することになる。

 これらの具体的なプロセスには、Solid EdgeのCAD統合やエンタープライズサーチに加え、BOM管理、ドキュメント管理、設計変更管理が含まれるという。また、欧州やマレーシアなど、多くの拠点がオンラインで製品情報を共有することになり、グローバルなコラボレーションと同時並行の開発が可能になるとしている。





Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



コメントを残す