よくわかる「仕組み債」 富裕層に人気のワケと隠れたリスク – ZUU online

Home » 08金融 » 仕組債 » よくわかる「仕組み債」 富裕層に人気のワケと隠れたリスク – ZUU online
仕組債 コメントはまだありません



仕組み債,仕組債
(写真=Thinkstock/Getty Images)

富裕層の間で人気が高い金融商品がある。「仕組み債」と呼ばれるデリバティブ(金融派生商品)が組み込まれた債券のことだ。通常の国債や社債は満期やクーポン(利子)が固定されているが、仕組み債はマーケット動向によってそれらが変化する。国債や社債は発行体がデフォルトしなければ、償還期限に元本が返ってくるが、仕組み債ではそれが保証されていない点に大きな違いがある。

それでも、低金利が常態化し運用が難しくなっていることから通常の債券と比較すると格段に高いリターン(高利回り)が期待できるため人気を博している。

そもそも仕組み債とは

仕組債の発行者は、主に海外の金融機関であり、発行者がアレンジャーと呼ばれる証券会社を通じ資金調達を行う。この仕組み債を購入した投資家は定められた期間に、固定の金利を手にすることができる。この条件だけを見れば通常の債券では実現できない高いリターンを狙えることが分かるだろう。

しかし、こうした仕組み債には通常の債券にはない「ノックイン価格」というものが設定されている。例えば、ノックイン価格は、「ノックイン判定水準日」の日経平均株価終値の75%などと設定されたりする。仮に10月29日が判定水準日とすると、その日の日経平均株価終値が1万8000円ならば、75%の水準である1万3500円がノックイン価格となる。

この仕組み債を保有している間に日経平均株価終値が一度でもノックイン価格である1万3500円を下回った場合には、「額面金額×最終日日経平均株価/当初日経平均株価」といった算式にあてはめた償還金額で満期時に償還されることになり、元本価格を下回る可能性があるのだ。また、満期償還額は額面金額の100%を超えることもない。つまり元本が増えることはない。

では、逆に日経平均株価が上昇した場合にはどうだろう。通常、利払い日の前に早期償還判定日というものが設定されている。この判定日に日経平均株価がトリガー判定水準を上回れば、債券は満期を待たずして早期償還されることになる。

上述の例の場合、トリガー判定水準は10月29日の日経平均株価終値の100%だ。10月29日の日経平均終値の1万8000円を、トリガー判定日の日経平均終値が上回れば早期償還されることになる。このように仕組み債においては「ノックイン」と「トリガー」の水準が重要である。

仕組み債は金利や通貨を交換するスワップやオプションといったデリバティブを利用することで投資家や発行者のニーズにあったキャッシュフローを生み出す構造となっている。満期やクーポン(利子)、償還条件は投資家や発行者のニーズに合わせて自由に設定することが可能だ。

販売時期や需給関係などからさまざまな条件の仕組み債が発行されている。数ヶ月前であれば日経平均株価は2万円を超える水準であったため、この時期に発行された仕組み債と現在のものでは当然条件が異なる。日経平均株価の終値が2万円の時に発行されたもので、ノックイン判定水準が75%であれば、日経平均株価終値が1万5000円でノックインする。

こうなれば満期時に額面金額を割り込む可能性がある。現在の日経平均株価の水準は1万7000円前後であるが、これならばまだ2000円の余裕があることになる。

しかし、トリガーの水準も相場環境や需給、仕組み債の期間によって変化する。商品によって、ノックイン水準が70%のものもあれば、50%のものもある。またトリガーについても同様に100%のものもあれば105%のものもある。期間についても1年もあれば5年もある。対象も、日経平均株価だけではなく、他国の株式指数や通貨など、さまざまな条件の仕組み債が発行されている。

次のページ>>仕組み債のリスク

page 1 of 2




よくわかる「仕組み債」 富裕層に人気のワケと隠れたリスク

ZUU online の最新記事を
毎日お届けします



コメントを残す