モノと情報を一体化し、全プレーヤーが同時に動く【第1回】 – IT Leaders

Home » 04研究開発・生産・物流 » モノと情報を一体化し、全プレーヤーが同時に動く【第1回】 – IT Leaders



SCM(Supply Chain Management:サプライチェーンマネジメント)を支えるシステムはこれまで、モノを「作る、運ぶ、保管する、売る」といったプロセスにそって、それぞれが必要とする情報を管理してきた。しかし、インターネットやクラウドコンピューティングが急速に普及してきた今、これらの情報は高度に、かつ能動的に利用できる形で管理されなければならない。そのための仕組みを筆者らは、「ワンデータ・トランザクション」と呼んでいる。第1回は、このワンデータ・トランザクションの定義と、それがSCMに与えるインパクトの全体像を紹介する。

 サプライチェーン上には数多くのプレーヤーが存在している。原材料を提供するサプライヤーから、原材料から製品を生み出すメーカー、製品を入荷して小売りに提供する卸売り、そして消費者に手渡す小売業などだ。これらすべてのプレーヤーを経て、モノの価値が提供されている。この価値の提供プロセスにおける需要と供給をプレーヤー間で連鎖させ、最適化を図る活動が、SCM(Supply Chain Management:サプライチェーンマネジメント)である。

過去10年、新たな動きがなかったSCM

 各種アプリケーションやERP(Enterprise Resource Planning)の普及により、サプライチェーン上の各プレーヤーは、こぞって最適化、つまりはモノを中心としたSCMプロセスの構築に取り組んできた。しかし、そのためのシステム導入が一巡してから10年ほどが経った現在、次の一手がいまだ見えてこない。

 営業やマーケティング、経営管理の世界では、続々と登場する新たなテクノロジーを活用して、日々新たな取り組みが起きている。これに対し、サプライチェーンの世界では大きな動きが起きていない。その理由は、原価の低減や、品質の向上と担保、リードタイムの短縮といったモノの動きの改革・改善の域から脱却できていないからではないだろうか。

 一方、サプライチェーンを情報の視点で見てみると、POS(Point of Sales)データの活用や業界EDI(Electronic Data Exchange)、VAN(Value Added Network)などの取り組みは進んでおり、ベンダー主導の在庫管理であるVMI(Vendor Managed inventory)では相当量の商品がやり取りされている。この現実を考慮すれば、SCMは進化しているともいえる。しかし、これらの取り組みも、現行業務の純粋なシステム化や単一企業内での個別最適化に止まっているのが実状だろう。

情報を1つにし「鮮度」「伝達範囲」「精度」を上げる

 サプライチェーンにおける情報について語る際には、3つのポイントを考慮する必要がある。(1)鮮度、(2)伝達範囲、(3)精度だ。1つのモノに関する情報はサプライチェーン上では、バトンリレーのようにプレーヤー間を引き継がれて動く。さらに、各プレーヤーにより、固有の判断や意思が付加されていく。つまり、モノは、最初から最後まで1つでも、それに関わる情報は、サプライチェーン上を動くにつれて何種類も存在することになる。そのため情報伝達に時間がかかり、情報そのものの鮮度が落ちていく。

 逆に「1つのモノに対して情報が1つだけ」という状態であれば、鮮度は担保されることになる。鮮度を保つために情報を1つに限定した場合、最初の情報が発信された段階で、従来は隣のプレーヤーからしか情報がバトンされなかったものが、広い範囲で共有されなければならない。

 しかし、業務の視点では「精度」が一番大切だ。情報が持つ精度を維持しながら、伝達範囲を広げ、かつ伝達スピードを上げられるだろうか。そのための唯一の策が、サプライチェーン上に存在するすべてのプレーヤーが1つのデータを一気通貫で共有し、それを互いに更新し合うという方法だ。

 例えば、小売りが作った商品の発注データが最初にあるとすれば、それを土台に全プレーヤーがステータスを変更しながら、モノの取引が終了するまで、サプライチェーン上でその情報を使い切るというイメージだ。具体的には、メーカーは、小売りの発注データを元に製造や調達を計画し、実際の製造指図や発注を行う。サプライヤーは、小売りの発注データを元に、メーカーからの発注を予測し需給調整や製造準備を進める。

 昨今、話題になっているキーワードにIoT(Internet of Things:モノのインターネット)がある。それ自体についての解説は省略するが、SCMにおけるIoTの価値は、モノと情報の融合を可能にするものだと筆者は考える。別の言い方をすると、1つのモノに付随する各種情報をデジタル(インターネット)の力により、モノと同じように1つのデータとして扱えるということだ。

 このように、モノに関する情報を「1つのデータ」としてリアルタイムにプレーヤー間で共有し、サプライチェーンを動かしていくことを本連載では「ワンデータ・トランザクション」と定義したい(図1)。

図1:これまでのSCMにおけるデータ連係と「ワンデータ・トランザクション」の相違図1:これまでのSCMにおけるデータ連係と「ワンデータ・トランザクション」の相違
拡大画像表示






コメントを残す