トヨタが突然、全工場の生産を全面停止。一体、何が起きたのか? – まぐまぐニュース!

Home » 04研究開発・生産・物流 » トヨタが突然、全工場の生産を全面停止。一体、何が起きたのか? – まぐまぐニュース!



1月に起きた関連会社の爆発事故等の影響で部品不足に陥ったとして、国内全16工場の組立ラインを6日間に渡り停止すると発表したトヨタ自動車。日本が誇る大メーカーの信じ難い事態を、新聞各紙はどう伝えたのでしょうか。メルマガ『uttiiの電子版ウォッチ』で詳しく紹介・分析されています。

各紙は、トヨタ自動車の生産停止をどう報じたか

今日のテーマは…各紙(《毎日》を除く)は、トヨタ自動車の生産停止をどう報じたか、です。

基本的な報道内容

トヨタ自動車は1日、今月8日から13日までの6日間、完成車の組み立てラインがある国内の全16工場を停止すると発表した。グループの愛知製鋼で起きた爆発事故により、エンジンなどに使う特殊鋼の確保が難しくなったためで、全工場が生産停止に追い込まれるのは2011年の東日本大震災以来となる。

適正な在庫量とは?

【朝日】は6面の経済面にやや分析的な内容を含む、この問題についての記事を置いている。見出しは「トヨタ 現場に悲鳴」「下請け『1週間 仕事ない』」。

リードには、愛知製鋼の爆発事故を他社の代替生産で乗り切ろうとしたが、大雪などで輸送が遅れ、部品不足に陥ったとしていて、「泣きっ面に蜂」的な状況が説明されている。

品質が不十分な車をつくるわけにはいかない。生産停止はやむをえない」というトヨタ幹部の発言。トヨタ関連の部品メーカーは2万社を越え、納入先ははトヨタだけという小さな会社も多いという。その1つを取材すると、1週間仕事がなくなるので、社員20人には急遽、有給休暇をとってもらうつもりだと社長が言っていたという。トヨタは今後2週間で特殊鋼部品の在庫をため、15日にライ
ンでの組み立てを再開する方針。愛知製鋼も3月末の生産再開を目指すという。

記事の最後のブロックには「代替生産 見込み外れ」という中見出しが付いている。神戸製鋼所など他メーカーに代替生産を頼み、生産は継続できると踏んでいたのだが、特殊鋼はノウハウの塊」であり、材料は愛知製鋼から船で九州や北海道に運ばなければならず、また大雪の影響で想定以上に時間がかかってしまったのだという。

《朝日》は最後にまとめとして、「今回の事態は、『万が一への備え』と『効率的なクルマづくり』の間でメーカーが抱えるジレンマをあらためて浮き彫りにした」という。また、これまでもあった大規模生産停止の対策として、仕入れ先の分散や緊急時の代替生産先の確保などに務めてきたが、手元の在庫を増やすことには後ろ向きだったという。その理由は「コストがかさむ上、部品の不具合が生じたときに原因を突き止めにくくなるといったマイナスが大きいとみている」からだという。

uttiiの眼

《朝日》がこの記事で表現しているのは、次の3つくらいにまとめられるだろう。1つは、トヨタはちゃんとしたクルマしかつくらない「真面目な生産者」であるというアピール、次に生産停止は、爆発事故と大雪という不運が2つ重なったことによる、気の毒な結果であること、さらに、在庫を増やせば問題は小さくなることが分かっていながら、基本的にはコストが増大することを嫌い、手を付けないできていること。

この記事、約めて言えば、こんな感じだろうか。

「真面目なトヨタがアンラッキーの連続によってこんなことになった。気の毒なトヨタ。下請けも可哀想だが、コストを上げるわけにはいかないから仕方がないですね」

正面からトヨタを批判せよなどと言うつもりもないけれど、記事の中に「トヨタ生産方式」や「ジャストインタイム方式」、あるいは「リーン生産方式」というような基本的なタームを書き込まないのはなぜだろうか。批判的なトーンを抑えようという慮りでなければよいのだが。それに、記者は「メーカーが抱えるジレンマ」などという、手垢の付いた言葉で状況を表現しているが、要は、大災害や事故のリスクを読み込んだ在庫量の最適解を見いだせないでいるということなのではないか。さらに、勘案すべきリスクの中には、膨大な下請け業者の仕事を維持するということも含まれているはずだ。《朝日》は折角、見出しで「トヨタ 現場に悲鳴」「下請け『1週間 仕事ない』」と打ったのだから、その見出しに相応しい記事にすべきだった。

一応、記事の中身に沿って以上のような感想を持ったが、実は、納得できないことがある。トヨタがラインを停止した本当の理由は何だろうか。大雪で輸送が遅れた?九州や北海道に運ぶのが大変だった? いずれも俄には信じることのできない言い訳だ。「ノウハウの塊」のような特殊鋼製造技術を、愛知製鋼は他社に提供したのだろうか。そんなことは到底信じられない。




印刷する



コメントを残す