セル生産機能を強化したMESソリューションの提供を開始 – @IT MONOist

Home » 04研究開発・生産・物流 » セル生産機能を強化したMESソリューションの提供を開始 – @IT MONOist
04研究開発・生産・物流, セル生産 コメントはまだありません



 東芝インダストリアルICTソリューションは2016年3月24日、セル生産機能を強化したMES(製造実行システム)ソリューション「Meister MES」の最新版を同年4月に発売すると発表した。

 Meister MESは、2015年3月に発売されたMESソリューション。装置へ搬送指示などを行うダイナミックディスパッチ機能や、自動搬送機能、ビッグデータ分析基盤との連携機能、OPC UAインタフェースに対応した汎用インタフェース機能などを搭載している。

 今回強化されたセル生産機能は、従来のラインやジョブという単位ではなく、複数の工程を1つの単位「セル」として定義し、セルの組み合わせを動的に定義して再構成する。これにより、柔軟な生産ラインを可能とし、製品の急な仕様変更や製造設備の稼働状況に応じた工程変更が容易になるという。

 同社では今後、ダイナミックディスパッチ機能や自動搬送機能、OPC UAインタフェースなどと組み合わせ、マシンが自律的に設計情報や設備稼働情報にアクセスして作業内容などを切り替える「ダイナミックセル生産」機能の実現を目指し、機能強化を図るとしている。




photoMeister MES機能強化版によるセル生産の概念



Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



コメントを残す