富士通と富士通ネットワークソリューションズ、関電工と「ユビキタスウェア」を活用した作業員の遠隔見守りの実証実験を開始 – IoTNEWS (プレスリリース)

Home » 09情報技術(IT) » ユビキタス・ネットワーク » 富士通と富士通ネットワークソリューションズ、関電工と「ユビキタスウェア」を活用した作業員の遠隔見守りの実証実験を開始 – IoTNEWS (プレスリリース)
ユビキタス・ネットワーク コメントはまだありません



富士通と富士通ネットワークソリューションズ、関電工と「ユビキタスウェア」を活用した作業員の遠隔見守りの実証実験を開始

富士通株式会社と富士通ネットワークソリューションズ株式会社は、株式会社関電工と、電力設備の設置や点検・保守などの作業現場における作業員の状態を遠隔から把握する実証実験を、人や物の状態・状況・周囲の環境をセンシングし価値あるデータを提供するIoTパッケージ「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE(フジツウ アイオーティー ソリューション ユビキタスウェア)」(以下、ユビキタスウェア)の検証用セット「ユビキタスウェア パイロットパック」を用いて、5月~8月の期間、実施する。

関電工では、電力設備の作業現場で夏場を中心に発生する熱中症の予防対策として、現場管理者の教育や水分補給・休憩指示の徹底などを講じているが、さらなる取り組みの強化を検討してきた。

同実証実験では、作業員に、熱ストレス、身体負荷、活動量などを把握できる「ユビキタスウェア バイタルセンシングバンド」を装着することで、管理者は作業員一人ひとりのデータに基づいた安全見守りを遠隔で行える。

富士通グループは、今回の実証実験を通じ、厳しい環境で働く現場作業員の安全性向上を支援するとともに、ほかの現場への展開についても提案していくという。

関電工の電力設備の設置や点検・保守の作業現場では、熱中症の予防対策として現場管理者の教育をはじめ、小型ファンがついた空調服の着用や熱中症対策用品の現場配備などを行ってきたが、さらなる効果的な取り組みについても検討されてきた。

今回、簡単に腕に装着でき作業に影響しない「ユビキタスウェア バイタルセンシングバンド」を活用し、温湿度と作業員のパルス数を組み合わせた熱ストレス検知や身体負荷検知により、作業員一人ひとりに合わせた見守りを実施する実証実験を、関電工と実施する。

2016年5月~2016年8月

首都圏エリア

同実証実験では、「ユビキタスウェア」の本導入に向けて簡単に検証できる「ユビキタスウェア パイロットパック」を以下のとおり提供。「ユビキタスウェア パイロットパック」は、現場に必要なデータ活用基盤や機材を一式提供し、システム設計や機器の設置、専門家による技術相談に対応する。

・装着デバイス
熱ストレスレベル、身体負荷レベル、活動量などを把握することができる「ユビキタスウェア バイタルセンシングバンド」

・通信ゲートウェイ
作業員に配布するスマートフォン「FUJITSU Smartphone ARROWS M305」

・データ活用クラウド基盤と活用技術
IoTデータ活用基盤 「FUJITSU Cloud Service IoT Platform」

・センサーアルゴリズム
データ可視化アプリケーション

今回の実証実験では、富士通の「ユビキタスウェア パイロットパック」を用いて、富士通ネットワークソリューションズが現場の安全見守り向けに開発中のソリューションを活用している。

ユビキタスウェア バイタルセンシングバンド」による安全管理
温湿度とパルス数を組み合わせた熱ストレスレベルなどの把握により、一人ひとりの作業員の周辺環境や状態を見える化し、作業員の遠隔見守りを実施する。

【関連リンク】
富士通(FUJITSU)
富士通ネットワークソリューションズ(FNETS)
関電工(Kandenko)






コメントを残す