みずほ証券に3千万円賠償命令 高齢女性に仕組み債販売 – 朝日新聞

Home » 08金融 » 仕組債 » みずほ証券に3千万円賠償命令 高齢女性に仕組み債販売 – 朝日新聞
仕組債 コメントはまだありません



 「仕組み債」と呼ばれるリスクの高い金融商品への投資を勧められて多額の損失を出したとして、東京都練馬区の80代女性が、販売したみずほ証券(東京都千代田区)などに約4340万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は17日、約3040万円の支払いを同社に命じた。青木晋裁判長は「高齢で認知症もあった女性に、高度の投資能力が要求される商品の勧誘をしたのは違法」と認定した。

 判決によると、女性は77~78歳だった2008年、みずほ銀行の紹介で、みずほ証券の前身の証券会社から四つの仕組み債を購入。計約7150万円を支払ったが、リーマン・ショック後に約4千万円の損失を出した。女性は複雑な商品への投資経験がなく、購入時に認知症を発症していた。

 みずほ証券は「主張が認められず残念。今後については判決を詳細に検討した上で決定する」としている。






コメントを残す