オラクル、倉庫管理ソリューションのLogFireを買収へ – ZDNet Japan

Home » 04研究開発・生産・物流 » オラクル、倉庫管理ソリューションのLogFireを買収へ – ZDNet Japan



 Oracleは米国時間9月6日、サプライチェーンマネジメントソリューションを強化するため、米ジョージア州アトランタに本社を置くクラウドベースの倉庫管理アプリケーションを提供するLogFireを買収すると発表した。

 LogFireは、家庭向けプラスチック容器などを手がけるGladや、レンタルトラックのRyderを含む40社もの顧客を抱えており、今後もサービスを継続する。同社は倉庫管理ソリューションの提供を専門としており、そのための自社ソフトウェアを所有している。

 LogFireのチームは、Oracleのサプライチェーンマネジメント(SCM)部門に組み込まれる。

 LogFireの創業者で最高経営責任者(CEO)を務めるDiego Pantoja-Navajas氏は、声明の中で「Oracleは当社のクラウドベースの倉庫管理市場における専門性を生かそうとしており、当社の製品は、サプライチェーン企業が最新のサプライチェーンプロセスを実現することを可能にする、Oracle Supply Chain Management(SCM)Cloudの革新的なアプリケーションスイートに統合される」と述べている

 買収条件は明らかにされていない。

 OracleのSCMアプリケーション開発担当シニアバイスプレジデントであるRick Jewell氏は、「LogFireの買収により、クラウドベースの倉庫管理機能を追加することで、Oracle SCM Cloudのロジスティクス機能を補完する」と声明で述べている




Oracle、倉庫管理ソリューションのLogFireを買収へ
提供:File photo

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。



コメントを残す