企画/dot.ADセクション – dot.

Home » 10環境 » 企画/dot.ADセクション – dot.
10環境, ゼロ・エミッション コメントはまだありません



電気自動車の充電、定額使いホーダイ!日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)登場 日産リーフで賢いカーライフを

企画/dot.ADセクション




 電気自動車(EV)の魅力をご存知ですか?ガソリン代がかからないこと、音が静かなこと、低重心で走行安定性が優れていることなど、EVにはさまざまなメリットがあります。とはいえ、「航続距離が不安」「マンション住まいで充電設備がない」といった不安もあることでしょう。
 日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)は、そんなEVの不安を解消してくれるプログラム。日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)の使いホーダイプランに加入すると、月額2,000円(税別)で外出先での充電設備が使い放題になります。充電や給油のたびに数千円を支払っていた自動車の維持費は、日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)により携帯電話のパケット定額制と同様の感覚になりました。例えば、マンション住まいで自宅充電設備がなく、毎日60km程度の通勤、月に1〜2回の遠出ドライブをする人の場合はどうでしょうか。5ヶ月で12,000kmほど走るとすると、日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)の使いホーダイプランを利用すれば5ヶ月でかかる充電費用は10,800円。燃費17km/Lのガソリン車で走った場合は、ガソリン代は8万8000円ほどかかります。80,000円弱の差が出るのですから、リーフオーナーになったら日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)を利用しない手はありません。電気代は定額ですから、走れば走るほどお得に楽しめます。

お金持ちはなぜ、靴をピカピカに磨くのか?(朝日新聞出版)

 月々の自動車維持費が定額になるのですから、倹約に役立つのは間違いありません。そもそも、本当のお金持ちや賢い人ほど倹約が上手なもの。『お金持ちはなぜ、靴をピカピカに磨くのか? 金運を鍛える「倹約」生活のルール』(朝日新聞出版発行)の著者の臼井氏は、dot.内の記事『お金の不安がない暮らしが保証されるたった3つのこと』で、お金持ちが徹底した倹約家であると指摘しています。賢い人ほどお金の大切さを知るからこそ、無駄な物事にお金をかけません。日産リーフと日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)を活用したライフスタイルに転換することで、倹約した自動車維持費を活用して、QOLを高めてみませんか?
 EVのある生活は、今までとは異なる豊かさに満ちています。さらに日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)を利用すれば定額使い放題で倹約できるのです。

ZESP2で賢く倹約、さらに豊かな生活を!

旅先でちょっと贅沢に

①ドライブ旅行がさらに充実

日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)に加入すれば、燃料を気にすること無く、車で旅行に行くことができます。旅先では浮いた燃料費でちょっと贅沢な地元の名物を食べる、そんな楽しみも増えるでしょう。EVは静粛性が高く、実はロングドライブにうってつけ。高速道路でもノイズを気にせずおしゃべりに花が咲き、お気に入りの音楽もよく聞こえます。低重心で操縦安定性も優れているため、女性でも安心。充電を兼ねて休憩も増えるので、疲労度も軽減するでしょう。

自己投資に回してみては?

②浮いたお金は自己投資に

浮いた車の燃料費を自分磨きのための投資に回すのも賢い倹約術のひとつ。何かに打ち込む人は、それだけでキラキラして見えるもの。今まで家計が気になって英会話や楽器のレッスンなどに踏み切れなかった人、健康のためにジムに行きたくても行けなかった人も、リーフと日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)を活用した生活にすることで、さらに自分を輝かせることができます。

子どもの夢もふくらむ

③子供の習い事がさらに充実

子供が興味を示した物事には、できるだけトライさせてあげたいもの。とはいえ毎月の月謝は決して安くありません。車のランニングコストの為に月謝を払う余裕がないから、習い事を諦めさせるなんてこともあるようです。日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)ならどんなに充電しても月額2,000円。浮いた電気代を子供の「これがやりたい!」に回せるなんて、素敵なお金の使い方だと思いませんか?

ZESP2とは?

“ZESP”とは、日産自動車がリーフオーナーの電気自動車に対する不安を軽減するために導入した「ゼロエミッションサポートプログラム」の頭文字をとったもの。これまでは月額3,000円で充電器が使い放題でしたが、日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)の「使いホーダイ」プランでは月額2,000円に値下げし、さらにお得になりました。この固定額で、日産販売店の急速充電器と、コンビニやショッピングモールなどに設置されているNCS急速充電器が使い放題になります。クルマの使用状況によっては、月額1,000円の「つど課金プラン」も用意していますが、急速充電は15円/分、普通充電1.5円/分の利用料金が充電するたびに必要になります。「使いホーダイプラン」の方が断然お得なので、こちらがお勧めです。

※1 日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)「使いホーダイプラン」(月会費2,000円(税別))にご加入いただくと全国5,600基以上の急速充電器が使い放題となります。対象外の充電設備およびご自宅で充電する場合は、別途費用が発生します。

・使用用途が事業用途車(緑ナンバー)またはレンタカー(「わ」ナンバー)は、日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)「使いホーダイプラン」の対象外です。

・日産ゼロ・エミッションサポートプログラム2(ZESP2)ご加入にあたっては、日産カードにご加入いただく必要がございます。(Biz NISSAN CARDは除く)。日産カードご加入には(株)日産フィナンシャルサービス所定の審査を要します。

・日産カード年会費は、本プログラムとは別に必要です。

ZESP2の4つのサービス

日産ZESP2 お問い合わせ

提供:日産自動車



コメントを残す