ビジネスマンのお小遣い稼ぎの主役アフィリエイト – エキサイトニュース

Home » 09情報技術(IT) » アフィリエイト » ビジネスマンのお小遣い稼ぎの主役アフィリエイト – エキサイトニュース
アフィリエイト コメントはまだありません



景気が多少上向いてきたとはいっても、昇給に反映されにくいうえに出費は年々増えるなど、先行きに不安を感じるビジネスマンは多いのではないでしょうか。

収入を増やすために副業、特に「アフィリエイト」に挑戦する人が増えてきているようです。

■「FX」「アフィリエイト」「YouTube」など―人気のネット系副業

副業に関する意識が変化する昨今、2016年5月にワークスタイルを調査する機関「フリーキャリア総研」が行った「副業促進に関する意識調査」によると、「企業や政府による副業促進の動きをどう思うか」という質問に対して、複数の年代の男女の約73%が「賛成」と回答しました。多様な働き方を促進する必要性を、多くの人が感じているという現実が明らかになりました。

簡単に始められる副業として、ネットを使用した副業が注目されています。ネットを使用した副業といっても、その内容はさまざまです。上記の「アフィリエイト」は成果報酬型のインターネット・マーケティングに該当し、投資としては「FX」(外国為替証拠金取引)が人気です。FXは、2国間の通貨を取引し、その為替レートの差額(為替差益)が収益になるというもので、少ない元手でも始めることができ、隙間時間を利用しやすいなどの利点があります。

これ以外にも、「YouTube」上でオリジナルの動画を公開し、その動画再生数で広告収入を得る「YouTuber(ユーチューバー)」として、副業に取り組むケースなどもあります。

■アフィリエイトの仕組みと報酬

ここで簡単に、アフィリエイトの仕組みについて見ておきましょう。

最初に事業(広告)主が、自社商品を、Webを使ってPRする際、一般的にはアフィリエイト・サービス・プロバイダ(ASP)を仲介して、広告を掲載します。アフィリエイター(アフィリエイトの広告を掲載するWebサイトの運営者)は、このASPが展開している多くの広告の中から、自分が運営するサイトの路線に合致する広告を選び、Webサイトに掲載します。掲載した広告を閲覧者がクリックし、商品を購入するなど、何かしらのアクションで成果(売上)があった場合に、事業(広告)主からアフィリエイターに報酬が支払われます。

単価については、成果報酬タイプやクリック数での換算などで異なり、前者は一件の申込につき100~3,000円程度、後者のクリック報酬型は、1クリック1~20円程度が相場とされています。月々の報酬は数千~数万円というのが一般的ですが、お小遣いになるくらいでという気持ちで取り組むと、一定の収入が見込める副業といえるでしょう。

■ビジネスマンだからこそ! アフィリエイトに取り組むメリット

本業を持っているビジネスマンにこそ、アフィリエイトがおすすめと言える、アフィリエイトのメリットを紹介しましょう。

一つめは、やはり本業以外の収入ルートを持てることです。自分の趣味などに関係するものを紹介する行為を、報酬と結びつけることができるのがアフィリエイトの良いところです。大幅な給与アップが見込みにくい中で、本業以外の収入ルートを確保できるという点でも、ビジネスマンが取り組む意味は大きいでしょう。

二つめは、大きな元手が不要でリスクがあまりないことです。本業で忙しいサラリーマンでも、時間を余り割くことなく取り組めることも、アフィリエイトの見逃せない魅力です。

三つめは、Webマーケティングなど、本業にも活用できる知識を身につけられる可能性があることです。アフィリエイトでは、商品やサービスをPRする力が問われます。アフィリエイトに取り組む時間は、Web関係の知識やリサーチ力、画像処理、ライティングなどについてもスキルアップできる機会でもあります。副業を通して自分のスキルを底上げできるというのは、ビジネスマンにとって非常に魅力的なことです。

社会人経験が長くなるほど、ビジネスに対する視野や考え方は固定化してしまいがちです。アフィリエイトに取り組むことで、お小遣いだけではなく自分の仕事への取り組み方を、多方面から見直す機会にもなるのではないでしょうか。(提供:リッチウェイズ)






コメントを残す