ルノー&日産自動車、2016年暦年の販売実績を発表。世界販売車9台のうち1台がアライアンス車に – MOTOR CARS

Home » 10環境 » ルノー&日産自動車、2016年暦年の販売実績を発表。世界販売車9台のうち1台がアライアンス車に – MOTOR CARS
10環境, ゼロ・エミッション コメントはまだありません



ルノー・日産アライアンスは、2016年に996万台の車両を販売した

仏・ルノー S.A.S.(本社:仏・ブローニュ=ビヤンクール)と日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市西区、※CEOは共にカルロス ゴーン)のアライアンスは2月8日、2016年暦年のグローバル販売実績を発表した。

同社によると、2016年暦年に9,961,347台をグローバルで販売した。この数値は、同暦年に置いて世界で販売されているクルマの9台に1台がアライアンスのクルマになったことを意味していると云う。

加えて、これによりルノー・日産アライアンスは2010年の「日産リーフ」の発売、そして続くルノー「ゾエ」の発売を経て、EVだけの累計販売台数でも424,797台に達し、ゼロ・エミッションに於けるグローバルリーダーの地位を維持したと併せて同社は謳っている。

18年の歴史を持つアライアンスは、将来のクルマのためのイノベーションを推進

なお、2016年暦年のルノー・日産アライアンスの販売台数には、昨秋、日産自動車が三菱自動車工業の株式の34%を取得し、アライアンスの一員となったため同社の世界販売台数934,013台も含めている。

ルノー・日産アライアンス会長兼CEOのカルロス ゴーン氏は、「ルノーグループ、日産、そして更に三菱自動車が連携することで、世界の自動車産業に新たな勢力が誕生しました。

18年前にスタートしたこの革新的なパートナーシップの力によって、私たちは、競争力を強化し、成長を加速し、将来のクルマの競争に臨むことができるのです」と述べた。

特にルノー・サムスンの販売台数は、前年から38.8%も増加した

都合、ルノーグループは、経営計画「ドライブ・ザ・チェンジ」の最終年である2016年に、前年比13.3%増となる3,182,625台を販売した。

これは4年連続での販売増であり、さらに前年より374千台も増加したことで、過去最高の伸び幅を記録している。

ルノーブランドは、すべての地域で市場シェア、販売台数ともに増加し、欧州で第2位のブランドとなった。

なかでもルノーおよびダチアブランドは、過去最高の販売台数を記録。ルノー・サムスンの販売台数は、前年から38.8%も増加した。

日産は前年比2.5%増を全世界試乗で記録。米国前年比5.4%増・中国8.4%増で過去最高値に

一方、日産は5,559,902台(前年比2.5%増)を全世界で販売。この内訳は米国および中国で、それぞれ前年比5.4%増、8.4%増と、過去最高の販売台数を記録。

インフィニティブランドは、前年比7%増の23万台以上を販売した。特に米国の12月単月の数値で、インフィニティは前年比18%増の27,200台の販売台数となっている。

今回アライアンスの数値に加わった三菱自動車は、前年比13%減の934,013台を販売した。

具体的には、米国および豪州では増加したが、ブラジル、ロシアおよび中東での販売台数減に相殺される結果となった。ちなみに日本での販売は、燃費問題による消費者の信頼低下が響き、前年比マイナスとなっている。

日産自動車は三菱自動車のシナジーにより2018年度以降に年間600億円を享受する

日産自動車は、三菱自動車とのパートナーシップにより、享受するシナジーが2017年度で240億円と予想している。さらに2018年度以降は、年間600億円にまで拡大すると見込んでいると云う。

このシナジーにより、2017年度には1株当たりの利益として4円、2018年度には10円の増加が見込まれる。しかも、これらの一株当たり利益の改善には、出資に伴う持分利益は含まれていない。

ロシア圏でラーダブランドとして販売を行うアフトワズは、2016年に284,807台を販売した。これによりロシアで販売されている自動車の約3台に1台は、ルノー・日産アライアンスとアフトワズのクルマとなった。

2015年に引き続き、2016年も電気自動車におけるリーダー的地位を維持した

ルノー・日産アライアンスは、三菱自動車も加え、2016年までに全世界で累計424,797台のEVを販売し、ゼロ・エミッションモビリティにおけるグローバルリーダーの地位を確実なものとした。

初の量産EVである「日産リーフ」は、2010年12月の発売以来、累計25万台以上を販売し、世界で最も売れているEVとなっている。加えて日産自動車は、「日産リーフ」に加え、主に欧州および日本で、2014年より小型商用EVの「e-NV200」を販売している。

欧州地域に於けるルノーは、2011年以降「ゾエ」、「カングーZ.E.」、「フルエンスZ.E.」、「SM3 Z.E.」、「トゥイジー」を発売し、世界規模でも累計11万2千台以上のEVを販売した。

ルノーの欧州におけるEV販売台数は、前年比11%増の25,648台(「トゥイジー」を除く)となり、欧州EV市場でのリーダーの地位を確立。

「ゾエ」は、21,735台を販売し、欧州でのEV販売台数ランキング1位となった。ルノーはその後、「カングーZ.E.」、「マスターZ.E.」の商用EV2車種を発売している。

結果、三菱自動車の「i-MiEV」シリーズを含むルノー・日産アライアンスの2016年暦年のEV販売台数は、前年比8%増の94,265台となった。※中国でのヴェヌーシア「E30」の販売台数を含む。NEDC認証サイクルに基づき、走行中に、CO2および規制された汚染物質を排出しない車。

2016年だけでなく、アライアンスは将来のクルマのためにイノベーションも推進していく

ルノー・日産アライアンスは2016年に、電気自動車、自動運転車、コネクテッドカーなどの未来のクルマの開発を推進するためいくつかの取り組みも実施してきた。

例えばアライアンスは2020年までに、自動運転技術を搭載した車を少なくとも10車種発売する予定である。

現在、マイクロソフト、NASAなどのパートナーと共に、コネクティビティおよび自動運転技術の開発・実験を実施している。

先のカルロス・ゴーンCEOは、「量産型EVを発売したのは、ルノー・日産アライアンスが初めてでした。

これはその歴史を2010年にさかのぼる時代になります。そして今、他の主要な自動車メーカーは、電気自動車が最も有効なゼロエミッションへの回答であると認めています。

私たちは、自動運転やコネクテッドサービスの分野においても、将来のクルマの競争に確固として臨みたいと思っています」と将来の自動車象に対する提案に関しても、自信を覗かせていた。

ルノー・日産アライアンスの主要10市場
対象国_販売台数_市場シェア
– 米国_1,660,690_9.47%
– 中国_1,472,588_5.48%
– フランス_738,344_30.52%
– 日本_625,409_12.58%
– ロシア*_494,073_34.64%
– メキシコ_449,406_28.02%
– 英国_336,533_10.96%
– ドイツ_319,739_8.89%
– イタリア_262,167_12.99%
– スペイン_247,661_18.71%
*アフトワズ含む

ルノーの主要10市場
対象国_販売台数_市場シェア
– フランス_651,778_26.9%
– ドイツ_198,609_5.5%
– イタリア_190,610_9.4%
– スペイン_170,272_12.9%
– トルコ_169,236_17.2%
– ブラジル_149,977_7.5%
– 英国_138,642_4.5%
– インド_132,235_4.0%
– ロシア*_117,227_8.2%
– 韓国_111,087_6.2%
*ロシアにおけるアフトワズの販売台数284,807台を含む

日産の主要10市場
対象国_販売台数_市場シェア
– 米国_1,564,423_8.9%
– 中国*_1,354,552_5.0%
– 日本_534,392_10.8%
– メキシコ_403,286_25.1%
– 英国_170,999_5.6%
– カナダ_134,153_6.9%
– ロシア_93,781_6.6%
– フランス_81,454_3.4%
– ドイツ_80,332_2.3%
– 豪州_67,638_5.7%
*ヴェヌーシアブランド含む

三菱自動車の主要10市場
対象国_販売台数_市場シェア
– 米国_96,267_0.5%
– 日本_85,716_1.7%
– 中国_82,758_0.3%
– 豪州_73,360_6.2%
– インドネシア_67,397_6.3%
– フィリピン_59,480_15.1%
– タイ_55,409_7.2%
– ドイツ_39,089_1.1%
– アラブ首長国連邦_29,958_9.2%
– 英国_26,892_0.9%

ルノー・日産アライアンスについて
ルノー・日産アライアンスは、フランスのルノーグループと、日産および三菱自動車の戦略的パートナーシップである。

同アライアンスは、ドイツのダイムラー、中国の東風汽車などの自動車メーカーと戦略的な協力関係を結んでいる。また、ロシア最大の自動車メーカーであるアフトワズ社の経営権を持つ合弁会社の株式の過半数を保有している。






コメントを残す