「PHVこそエコカー普及の要」 トヨタの本気度は確信か意地なのか – ニュースイッチ Newswitch

Home » 10環境 » 「PHVこそエコカー普及の要」 トヨタの本気度は確信か意地なのか – ニュースイッチ Newswitch
10環境, ゼロ・エミッション コメントはまだありません



 トヨタ自動車がプラグインハイブリッド車(PHV)の普及に向けアクセルを踏み込む。15日、トヨタはPHV「プリウスPHV」の2代目モデルを同日発売したと発表した。2012年に発売した初代モデルは苦戦を強いられたが、今回はその反省を生かし「市場に受け入れられるものをつくった」(トヨタ幹部)。ハイブリッド車(HV)でエコカーの流れを切り開いたトヨタ。PHVは「その次」に位置付けるエコカーの本命として拡販へ本気度を示す。

 「PHVこそエコカー普及の要」。15日都内で開いた発表会で内山田竹志会長は、トヨタのPHVの位置付けをこう強調した。

 トヨタはエコカー開発で全方位の基本姿勢を示す。ただ強弱はある。従来はトヨタの「電動化車両のコア技術が盛り込まれている」(内山田会長)HVに重きを置いた。

 今後は各国での規制強化をにらみPHV、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)を含めた「全方位(開発)をより早く進める」(吉田守孝専務役員)考え。

 中でもFCVを「究極のエコカー」と明確に設定する。ただFCVはインフラ整備など普及への課題が多い。同じく走行中に二酸化炭素(CO2)を排出しないゼロエミッション車のEVも、社内ベンチャーを立ち上げ開発を強化するが、電池性能など技術課題がある。いずれにせよ普及には「まだまだ時間がかかる」(内山田会長)とみる。

初代は苦戦、その反省を生かす

 PHVは「普及に必要な条件を備えている」(同)として、ゼロエミッション車普及までの間を埋める「エコカーの大本命、主流となるべきクルマ」(同)と強い思いをかける。12年に投入した初代プリウスPHVは当初、年間販売6万台を掲げ意気込んだ。

 ところが累計販売台数は約7万5000台と苦戦した。プリウスと姿形は同じなのに割高で、割高分の特徴を伝え切れなかった。

 反省を生かし2代目は「お客さまの期待を超える別次元の進化をした自信作」(内山田会長)に仕上げた。特徴あるデザインとし、EVモードの走行距離を従来比2・5倍の68・2キロメートルに拡大した。

 消費税込みの価格は326万1600―422万2800円。国内の年間販売目標は3万台と設定。海外では北米で16年11月から先行販売しており欧州などにも順次、投入する。

新型「プリウスPHV」の主要システム

コネクティッド戦略でも先陣

 本気度は車両改良だけではない。「新プリウスPHVはコネクティッド戦略の先陣となるクルマ」(友山茂樹専務役員)。新型はトヨタブランドで初めて大半のモデルに車載通信機(DCM)を搭載する。

 スマートフォンから車両の充電状態の確認やエアコン操作が可能。車両の警告灯が点灯すると即座に解析し、自動で異常要因の推定や走行可否判断などをする「IoT(モノのインターネット)時代にふさわしい安心サービス」(友山専務役員)にも乗り出す。

 また電力5社と共同でPHVのEVモード走行距離などに応じて電力会社が顧客にポイントを付与する、DCMを生かした新サービスも始める。2代目プリウスPHVは、コネクティッドによる新たなサービスという先進性を付与し、PHVの魅力を訴求する。

 トヨタは97年の初代プリウス投入以来、約20年をかけてHV累計販売1000万台を突破した。内山田会長は「PHVの1000万台への道は、もう少し早いのでは」と普及に大きな期待を寄せる。

「PHVこそエコカー普及の要」と強調する内山田トヨタ会長



(文=名古屋・伊藤研二、池田勝敏)






コメントを残す