Let’snoteの「ふるさと」はどんな感じ?——パナソニック神戸工場見学記 – BIGLOBEニュース

Home » 04研究開発・生産・物流 » Let’snoteの「ふるさと」はどんな感じ?——パナソニック神戸工場見学記 – BIGLOBEニュース
04研究開発・生産・物流, セル生産 コメントはまだありません





 2月17日、パナソニックの「Let’snote(レッツノート)」シリーズ初のデタッチャブルタイプの2in1 PC「Let’snote CF-XZ6」が発売となった。それに先立つ2月15日、大手量販店への初回出荷を祝う出荷式が同社の神戸工場で行われた。
 神戸工場ではLet’snoteシリーズのほか、過酷な環境下での利用にも耐えるフィールドPC「TOUGHBOOK(タフブック)」「TOUGHPAD(タフパッド)」を一部生産している。月間の生産能力は合わせて7万台弱だという。
 Let’snoteにとっての「ふるさと」である神戸工場は、一体どのような工場なのだろうか。

●工場創立は1990年6月、PC生産は翌8月から

 工場見学への出発に先立って、同社のITプロダクツ事業部の清水実プロダクトセンター所長が神戸工場の概要を報道関係者に説明した。
 現在の神戸工場は、1990年6月に同社(旧・松下電器産業)のパーソナルコンピュータ事業部のワープロ工場として竣工。翌年8月からPCの生産を開始し、1992年10月には品質マネジメントに関する国際規格「ISO9002」を同社(旧・松下電器産業)全体で2番目に取得。現在は「(工場周辺で生産がさかんな)神戸牛などの生鮮食料品と同じようにスピードと品質にこだわるという考え方」(清水所長)のもと、同社のAVCネットワークス社ITプロダクツ事業部のPC工場として稼働している。
 同社PCの開発センターと、PCの販売・サービス部門は大阪府守口市にある。神戸工場と守口市の拠点は1日3便の専用バスで結ばれており、開発・生産・販売・サービスを一貫して提供している。

●「自社一貫」と「お客様ダイレクト」を日本品質で

 先述の通り、パナソニックのPC事業は開発・生産・販売・サービスを自社一貫で行っている。また、4部門がそれぞれユーザー(顧客)と直接対話する「お客様ダイレクト」という取り組みも行っている。これら大きく2つの取り組みによって、パナソニックPCは「Japan Quality(日本品質)を実現することを目指して」(清水所長)いる。
 神戸工場における「日本品質」は、「柔軟・迅速」「高品質」「カスタマイズ・サービス」「体験型実証ショウルーム」の4点に大きく集約されるという。
柔軟・迅速
 まず「柔軟・迅速」を実現する要素として、「工場直結の材料倉庫」と「セル生産方式」が挙げられる。
 通常ならこれらの取り組みはコスト高につながるため避ける方向に行きがちだ。しかし、神戸工場では1〜2週間分の部品をあえて在庫しておき、生産計画を毎日変更する「多品種変量生産」に対応できる体制を作ることによって、ユーザーからの要望に柔軟かつ迅速に対応できるようにしているのだ。
高品質
 次に「高品質」を担保するために、工場内に各種試験装置を設置している。世界各地の気候や法規制に合致する製品を工場(自社)内で開発できる体制を整えているのだ。
 他にも、高品質を担保するために「トレーサビリティシステム」と「故障予兆管理システム」を導入している。
 「KISS(Kobe Internal Solution of Super-production)システム」と名付けられたトレーサビリティシステムでは、部品がどの本体に組み込まれ、その本体がどこに出荷されたのか追跡できるようになっている。万が一、部品に問題が生じた場合は、ユーザーから障害・故障連絡が来る前に「先手」を取って対応できるのだ。
 故障予兆システムは、世界各国から寄せられた障害・故障情報を集めた「グローバル品質情報システム(Super Terra System)」に蓄積された情報を独自アルゴリズムで分析するものだ。これにより、品質に関わる問題を従来よりも早く把握できるようになった。
カスタマイズ・サービス
 「カスタマイズ・サービス」に関する取り組みは、主に法人ユーザーやWeb直販で購入した個人・SOHOユーザーに向けたものとなる。
 法人向けの「一品一様カスタマイズ」では、企業の要望に応じてソフトウェアのインストールやハードウェアのセットアップなどを行っている。本来の製品仕様にはないハードウェアのカスタマイズにも対応しているという。Web直販モデルについては、量販店モデルにはない構成やオプションを選択できるようにしている。
 修理サービス面では、特定法人とWeb直販購入者を対象とするコールセンターを神戸工場内に設置。特にWeb直販購入者については年中無休でサポート対応している。修理センターも神戸工場内にある。量産過程における問題点が故障の原因であった場合、量産ラインにすぐさま反映され、次期モデルにおける開発上の留意点に加わる。生産と修理を同じ場所で行っていることの大きなメリットだ。
体験型実証ショウルーム
 神戸工場は「体験型実証ショウルーム」として、工場全体をショウルーム化している。パナソニックの技術を実際に見てもらうことでより安心してもらおうという狙いもあるが、自らが自社PC・タブレットの「導入事例」となることで法人ユーザーにより具体的な提案を行う意図も込められている。また、法人が要求する仕様を工場内で検証できるようにもしているという。
 2016年度の「ショウルーム」来場者数は、2017年1月末次点で2058人とのことだ。

●「AI」や「ロボット」を活用して納期短縮・品質向上

 現在、神戸工場ではさらなる品質向上・納期短縮を目指してAI(人工知能)やロボットの活用を模索している。
 納期面では過去の受注状況や商談情報をAIで分析し、受注とほぼ同じタイミングで生産・納品まで進める「ほぼ即納」を目指すという。開発・生産面では設計・検証のバーチャル化を進め、試作なしで短期間で高品質な製品を開発し、人と設備(ロボットや機械)を融合して迅速かつ柔軟な生産を行えるようにするという。ロボットの導入には、人の経験に頼らずに高品質で安定したものづくりを実現しようという意図もある。先述のトレーサビリティシステムや故障予兆システムについても、さらにブラッシュアップしていくという。
 これらの取り組みは6年先を見越したものではあるが、一部はすでに生産ラインにも導入されている。今後、費用対効果を勘案しつつ、活躍の場を増やしていくことになりそうだ。






コメントを残す