ドローンを利用した次世代型新サービスの開発に着手 ソフトウェア開発、エンジニアリソースの提供や企画力でサービス創出に貢献 2020年の実用化を目指す – PR TIMES (プレスリリース)

Home » 09情報技術(IT) » オフショア開発 » ドローンを利用した次世代型新サービスの開発に着手 ソフトウェア開発、エンジニアリソースの提供や企画力でサービス創出に貢献 2020年の実用化を目指す – PR TIMES (プレスリリース)
オフショア開発 コメントはまだありません




【提携概要】

今回の提携における3社の役割は以下の通りです。


■アクトコール:

設備トラブル対応サービスの提供。

■テラドローン:

ドローンの機体や管制システムなどドローンサービスにおけるインフラ部分・ソフトウエア開発・サービスの提供。

■ネオラボ:

ソフトウェア開発及び、エンジニアリソースの提供や企画サポート。

【サービス詳細】

アクトコールが提供する緊急駆けつけサービスは、日本全国対応ではあったものの、山岳地や離島など、一部エリアにおいては、当該エリアをカバーできる協力会社(ACT-NET)が少ないことにより、サービス提供が不十分であるという課題を抱えておりました。

そこで今回は3社それぞれの強みを活かしつつ、ドローンの運搬機能と“人”が駆けつける従来の仕組みを融合。サービス対象エリア拡大とサービス内容の拡充を目指します。 2020年の実用化に向け開発、検証実験に取り組んでまいります。

【株式会社ネオラボ 会社概要】

所在地:東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル

代表者:代表取締役会長 酒井佑介

事業内容:1.東南アジアでのラボ型オフショア開発事業

2.ドローン、VR、ARホログラム等のソフトウェア開発 他

ホームページ: https://neo-lab.co.jp/company/

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は発表日現在の情報であり、

時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

 






コメントを残す