スカイディスクと台湾Kiwitec、LoRaWANを使用したIoT関連製品・サービスの研究開発に関する基本合意書締結 – IoTNEWS (プレスリリース)

Home » 07事業再・M&A » スカイディスクと台湾Kiwitec、LoRaWANを使用したIoT関連製品・サービスの研究開発に関する基本合意書締結 – IoTNEWS (プレスリリース)
07事業再・M&A, LOI(基本合意書) コメントはまだありません
スカイディスクと台湾Kiwitec、LoRaWANを使用したIoT関連製品・サービスの研究開発に関する基本合意書締結

株式会社スカイディスクはKiwi Technology Inc. (以下、Kiwitec)との間で、IoT向け次世代通信規格「LoRaWAN」を使用したIoT関連製品・サービスの研究開発、ビジネス展開を共同で行うことに合意した。  

両社は2016年9月よりすでに同社のワンストップIoTソリューション「IoT スターターキット(LoRa model)」を共同開発しており、同提携を機にそれぞれの得意分野を活かし、共同で事業領域の拡大と新市場の創出を目指すという。同社はこれを足掛かりにアジア地域へのサービス展開も開始する。

同LOI(基本合意書)の主たる内容は次の通り。 

  1. Kiwitecは同社の無線通信規格「LoRaWAN」製品群の一部を開発する。
  2. 共同でIoT関連製品、サービスの研究・開発を行う。
  3. 将来的にKiwitecを販売パートナーとして同社製品・サービスを台湾で販売する。

Kiwitecは、2002年に設立されたICデザイン企業で、集積回路だけではなくシステム製品も設計開発している。現在は、映像・ネットワークと通信関連の技術をもとに、製品上で映像通信カテゴリの開拓を続け、IoT領域へと積極的に参入している。

「IoT スターターキット(LoRa model)」は、IoTの実現を簡単にスピーディーに提供するためのワンストップソリューション。このスターターキットだけでセンサを使ったIoTソリューションを構築できる。10種類から選択できるセンサデバイスからデータを取得、AI(分析クラウド)で集積されたデータを分析し、その情報を可視化するまでパッケージ化されているため、リードタイムも短く、安価にIoTが始められるという。

スカイディスクと台湾Kiwitec、LoRaWANを使用したIoT関連製品・サービスの研究開発に関する基本合意書締結

センサデバイスは、温度・速度・GPS等の10種類から3種類を選んで装着できる、着脱可能なloTセンサデバイス「SkyLogger」を使用。着脱式のため多分野への応用が容易で、10種類のラインナップ内であれば開発費がかからず実証実験を実施でき、一から構築すると数ヶ月かかるリードタイムが数日で提供可能。

スカイディスクと台湾Kiwitec、LoRaWANを使用したIoT関連製品・サービスの研究開発に関する基本合意書締結
 
通信デバイスは鉄筋のビル一棟や広大な農園をアンテナ1つでカバーし、「LoRaWAN」の技術を使ったLoRaゲートウェイ「SkyGate」を採用、AC電源不要で低価格な通信が可能となる。

AI(分析クラウド)は汎用人工知能である「SkyAI」で、データ蓄積データベースとAI基盤を提供、データ分析まで行う。それらを農業、物流、保全といった分野ごとに情報の可視化を行うアプリケーションまで提供し、安価でスピーディーなIoTプラットフォームを実現。

商品名:IoT スターターキット(LoRa model)
販売価格:30万円より
内訳:
・ センサデバイス「SkyLogger」
・ LoRa ゲートウェイ「SkyGate」 SD-GW01(屋外用)、SD-GW11(屋内用)
AI(分析クラウド)「SkyAI」
・ データ可視化ダッシュボードアプリケーション
・ LoRaを使ったIoTコンサルティング
・ セットアップ
レンタル期間:2週間〜(センサデバイス、LoRaゲートウェイはレンタル)

【関連リンク】
スカイディスク(Skydisc)
IoT スターターキット(LoRa model)

コメントを残す