美匠に「企業価値認定」 静岡県内初、塗料の一貫体制評価 – @S[アットエス] by 静岡新聞

Home » 07事業再・M&A » 美匠に「企業価値認定」 静岡県内初、塗料の一貫体制評価 – @S[アットエス] by 静岡新聞
07事業再・M&A, 企業価値/事業価値 コメントはまだありません



企業価値認定証を掲げる高橋誉社長=20日午前、浜松市西区西山町の同社

 浜松市西区西山町の住宅塗装リフォーム業「美匠(びしょう)」(高橋誉社長)がこのほど、中小企業の特徴的な事業や経理理念などを評価する企業価値協会(東京)の「企業価値認定」を受けた。業界では珍しく、塗料の開発・製造から施工、保証体制までを一貫して行っている点などが評価された。県内での認定は初めて。
 塗料は都内に別会社を設立し、現場の職人の声を生かした耐候性の高い製品を製造している。リフォーム業界で起こりがちな元請けの営業会社と施工を担当する下請け会社の情報伝達不足によるトラブルを避けるため、同社の職人が営業・客対応から施工までを行う体制を構築した。施工後も年2回の定期点検や業界でも最長クラスとなる最大16年の保証を行っている。客の要望に早急に応えられるよう西区の本店に加え、中区と北区に支店を開設した。
 高橋社長(31)は「第三者機関に認められてうれしい。この認定に恥じない仕事をしていきたい」と話した。
 同協会は中小企業の持つ特徴的な価値を見いだし、発信、発展させることを目的に2012年に設立された。同認定の審査は年2回で、今回を含めてこれまで全国で約90社が認定されている。






コメントを残す