日米2プラス2の早期開催を確認 日米首脳が電話会談「北の脅威、新たな段階」一致 – 産経ニュース

Home » 05人事・人材開発 » 日米2プラス2の早期開催を確認 日米首脳が電話会談「北の脅威、新たな段階」一致 – 産経ニュース
05人事・人材開発, コミットメント コメントはまだありません



 安倍晋三首相は7日午前、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けてトランプ米大統領と約25分間の電話会談を行い、北朝鮮の脅威が新たな段階に入ったという認識で一致した。日米同盟の抑止力を高めるため、外務・防衛閣僚級協議(2プラス2)の早期開催も確認した。

 首相は電話会談後、官邸で記者団に「北朝鮮のミサイル発射は明確な安保理決議違反であり、地域や国際社会に対する明らかな挑戦だ。その脅威は新たな段階になっているということを日米で確認した」と説明。「日米や日米韓で緊密に連携し対応していきたい。日本としても万全な態勢をとっていきたい」と強調した。トランプ氏が「米国は100%日本とともにある。自分と米国を信頼してもらいたい」と述べたことも明かした。

 首相は電話会談で「米国の強い軍事コミットメントを背景に北朝鮮を抑止し、さらなる挑発行動の自制や安保理決議の順守を強く求めていきたい」と指摘。米国で対北朝鮮政策が見直されていることに触れ「日米ですり合わせ、戦略目標を共有することが重要だ」と述べた。「日本は日米同盟の中でより多くの役割と責任を果たす用意がある」とも語った。

 トランプ氏は「北朝鮮の暴挙は許せない」と批判。「日米同盟は盤石であり、米国の日本の安全保障に対するコミットメントは揺るぎない」と強調した。両首脳は北朝鮮に強い影響力を持つ中国に協力を要請していく方針も確認した。






コメントを残す