​サイバーエージェント、スマホ特化の動画アドネットワーク「LODEO」が縦型動画広告フォーマットに複数対応したユニバーサルSDKを提供開始 – SocialGameInfo

Home » 11パブリック・マネジメント » ​サイバーエージェント、スマホ特化の動画アドネットワーク「LODEO」が縦型動画広告フォーマットに複数対応したユニバーサルSDKを提供開始 – SocialGameInfo
11パブリック・マネジメント, 市場化テスト コメントはまだありません



サイバーエージェントは、アドテクノロジー分野におけるサービスの開発を行うアドテクスタジオが、スマートフォンに特化した動画アドネットワーク「LODEO(ロデオ)」において、縦型動画広告フォーマットに複数対応したユニバーサルSDKの提供を開始したことを発表した。

近年、スマートフォンの急速な普及や通信環境の高速化とともに、スマートフォンによる動画視聴時間は増加しており、国内における2017年の動画広告市場は1,100億円規模となり、2020年には2,000億円規模に到達すると予測されている(※同社調べ「国内動画広告の市場調査」(2016年11月9日))。

今回、「LODEO」ではモバイルマーケターやアプリパブリッシャー向けにユニバーサルSDKの提供を開始し、「LODEO」で提供している複数の広告フォーマットから、導入企業がフォーマットを自由に選択しカスタマイズすることでユーザーのメディア体験・広告体験を、より自然なものにすることが可能になった。これを利用することで、導入企業はデザイン・位置・自動ループ制御などを、アプリに合わせてカスタマイズすることができるほか、導入におけるプログラミング作業の簡易化にも配慮することで、容易に導入できる仕様にした。テスト導入を実施した企業からは、既に好評を得ているという。

 






コメントを残す