ネットショップ始めたけど「全っ然売れへんねん!」【オカンでもわかるWeb集客の基礎】 – ネットショップ担当者フォーラム

Home » 09情報技術(IT) » アフィリエイト » ネットショップ始めたけど「全っ然売れへんねん!」【オカンでもわかるWeb集客の基礎】 – ネットショップ担当者フォーラム
アフィリエイト コメントはまだありません



突然、ECサイトを作ったというオカンから「全っ然売れへんねん!」と連絡が来た。そりゃそうだ。オカンは「サイトを作れば売れる」と思っていたみたいだから……。 イラスト◎浮蓮 要

登場人物
僕

 大学院を卒業後、地元大阪の大手メーカーに就職したが、なぜか配属された広告宣伝部でアドテクに興味を持ってしまい、あっさり東京のインターネット広告会社に転職してしまった。現在入社3年目の27歳。オカンには「虎の子は虎やな」とわけのわからないコメントをもらったが、たぶん応援してくれていると信じて毎日楽しく忙しく働いている。

オカン

オカン 純然たる大阪のオカン。フリマアプリで洋服を売るのがなぜかとても得意。

ある日、オカンから謎のURLが送られてきた

最近、音沙汰のなかったオカンから、突然連絡が来た。「なんだろう? このアドレス……」

何かと思って聞いたら、そこはオカンが運営するファッションサイト……?!

聞けばオカン、フリマアプリで洋服を出品したらすぐにバンバン売れたらしい。それに気をよくしたオカンは、最近流行っていると話題のECサイトを作って、もっと儲けようと画策したようだ。びっくり。

しかし、フリマアプリでは売れたのに、ネットショップでは本人も驚くほど売れない。なぜかはさっぱりわからない。今日も閑古鳥が鳴いているらしい。

フリマアプリにハマってうちも自分の着なくなった洋服売るネットショップ立ち上げたんやけど、ぜんぜん売れへんねん! フリマアプリやと大繁盛やったのになんで!?

オカンなんで売れへんねん?! 僕なんでって言われても……。SEOとか広告とか、集客施策はしてるの? オカン……? 僕まぁ、そうだよね。 オカンシューキャクシサクすれば売れるんか? 僕売れるかはわからないけど、まずはお客さんに来てもらわないといけないでしょ?
オカンもったいぶらんとはよ教えて!! 僕それはね……。

とにかくURLを知ってもらわなきゃ始まらない

僕オカンって美味しいラーメン屋さん探す時ってどうしてる?
オカン知り合いに聞いたり、雑誌を見たりして調べるよ。 僕じゃあ、教えてもらったラーメン屋さんに行くためには?
オカンそりゃどこにあるか聞くわよ。場所分からなきゃ行けないやん。 僕そうだよね。インターネット上でも同じことなんだよ。オカンのECサイトもどこにあるのかわからなかったら、お客さんは来ないんだ。

例えばさっきオカンがLINEで送ってきた、URLっていうのがあるでしょ? インターネット上ではPCやスマホのブラウザでこのURLを指定することで、たどり着きたいサイトに行けるんだ。

オカンじゃあURLを色んな人に教えればええんやな! 行ってくる! 僕行ってくるって……どこに……!?

─1時間後─

オカン紙にURL書いてそこの通りで配ってきたけど、誰も受け取らなかった! これじゃサイトがどこにあるか教えられへん!! 僕そりゃそうだよ。いきなりURL渡されても怖くて受け取らないよ!
オカンじゃあどうするん!? 僕インターネット上で人を呼ぶんだから、人を集めるのもインターネット上でしなくちゃ。

インターネットでできる基本的な集客施策は「SEO」「リスティング広告」「アフィリエイト広告」「アドネットワーク」「ソーシャルメディアマーケティング」の5つ

オカンあんた、魔法使いになったんやなぁ。 僕……1つずつ説明していくよ。

基本の集客施策① SEO

僕インターネット上で何かしようと思ったら、普通はGoogleとかYahoo!とかで調べるよね。たとえば、Googleは検索した言葉に対して一番合致しているサイト、有用だと思うサイトを瞬時に判断してランキング形式にしてその結果を出しているんだ。

このランキングで上位にならないと、見てもらえる可能性も低くなっちゃうよね。そのためにはGoogleに気に入られないといけないんだ。

オカン気に入られるって、おみやげでも持っていくんか。 僕……違うよ。それが1つ目の施策で「SEO」。見やすいサイトにする、商品ページの内容を充実させる、常に最新情報に更新する……とかして、検索結果から来たユーザーが満足するようにすれば、Googleは「ここは良いサイトだな」って判別してくれるんだ。

SEOはインターネット集客に欠かせない施策の1つ

検索結果ページで上位になれば、それだけユーザーの目に触れる機会も多くなります。

例えばGoogleであれば、Googleが独自に開発したアルゴリズムによって順位が決まるので、「こうすれば必ず検索順位が上がる」といったものはありません。

ただ、ユーザーにとって有用な情報が掲載されているページほど、上位に表示されやすくなるようです。

基本の集客施策② リスティング広告

僕じゃあ次。2つ目はリスティング広告。これはさっきのSEOとちょっと関係があるんだけど、検索結果画面の上の部分に、オカンのECサイトが表示されるようになる広告なんだ。
Googleで「リターゲティング」を検索した場合の検索結果。上部がリスティング部分で、下部がSEOの部分

この場合は上の2つがリスティング広告

オカン一番上やないの!? なんもせんでも一番上やないの!? 僕もちろんタダじゃないよ。GoogleとかYahoo!にお金を払わないと。
オカンワイロやないの……。 僕……違うよ。ちゃんとGoogleやYahoo!のルールに従って、公平に決まる広告サービスだよ。 オカンSEOが雑誌の順番決めなら、リスティングは雑誌広告みたいなもんやな! 僕まぁそんな感じ……。

検索ワードに応じて広告が表示されるリスティング広告

リスティング広告もGoogleとYahoo!が有名。ユーザーが検索したキーワードに応じて広告が表示されるので、「少なくとも商品名やサイト名は認知しているユーザー」を効率的にサイトへ送ることができます。

リスティング広告はユーザーが広告をクリックした時、料金が発生する「CPC(Cost Per Click)」課金モデルを採用しています。

基本の集客施策③ アフィリエイト広告

僕3つ目はアフィリエイト広告。オカンって韓流スターの○○さんのブログ見てるよね?
そこで、オススメのラーメン屋さんが紹介されていたら気にならない?
オカンそりゃもう速攻で行くに決まってるやろ!!! 僕……うん、そんな感じで、アフィリエイト広告っていうのはわかりやすく言うと、オカンのサイトの紹介記事を第三者に書いてもらって、それを見た人にオカンのサイトに来てもらうっていう方法。知っている人からの口コミとか、有名な人から紹介されているみたいな感覚かな。

紹介記事を書いてくれたら、その人にはお礼をしなきゃいけないよね? 紹介記事を読んでオカンのサイトに来た人が商品を買ってくれた場合には、その記事を書いてくれた人にお金を払うっていう仕組みなんだ。

オカン○○ちゃんが良いって言うなら間違いないからなぁ。

アフィリエイトの特長は3つ

アフィリエイト広告の特徴は、成果報酬型であること、新規ユーザーの獲得に強いこと、そして「僕」も言っていた通り、第三者目線での訴求ができることの3点です。

「自分で売り込んでいく」というよりは、良い内容のブログを書いてくれる人を見つけることが非常に重要です。

アフィリエイト広告では、購入や申し込みなどの「成果」が発生して初めて広告料を支払う「CPA(Cost Per Action)」モデルなので、リスクの低い手法だとも言えるでしょう。

基本の集客施策④ アドネットワーク

僕4つ目は、アドネットワーク。テレビでやってる映画ってお金払わなくても観れるよね。それってなんでだとおも…… オカンテレビはスポンサーがついとるからや(ドヤァ僕……そうそう。Webサイトもテレビと同じようなビジネスモデルなんだ。テレビ番組がサイト内のコンテンツだとしたら、テレビCMはサイトに掲載される広告って感じかな。

メディアサイトの色んな広告枠を買っている会社(アドネットワーク会社)がいて、そこに依頼すれば、オカンのECサイトに合ったメディアサイトの広告枠に自動で配信してくれるんだ。

オカン元締めにお金払えば、うまいこと広めてくれるっちゅうことやな! 僕元締めって……。

アドネットワークは元締めじゃなく「仲介役」

アドネットワークはメディアサイトなどのメディアを多数束ねて、そのメディアの持つ広告枠へ広告を配信する仕組みを持ったネットワークを指します。

広告を出したい企業は、アドネットワークを持つ会社に依頼をすれば、様々なサイトに広告配信できます。元締め……ではなく、広告主とメディアの仲介役と言った方が妥当です。

アドネットワークでは、広告が表示されたら課金する「CPM(Cost Per Mille)」モデル、もしくは先ほど出てきたCPCモデルのどちらかを採用しています。

基本の集客施策⑤ ソーシャルメディアマーケティング

僕5つ目はソーシャルメディアマーケティング。オカン、SNSは聞いたことあるよね? オカンそれは知ってるで! オカンも「ふぇいすぶっく」で「ついーと」しとるからな! 僕(……微妙に惜しい)。SNSはソーシャルネットワーキングサービスの略で、まぁ簡単に言えば、インターネット上で友達とコミュニケーションができる場って感じかな。オカンの言ってたFacebookやTwitterはその中でも有名な2つ。 オカンでも、つぶやいたり写真投稿したりするだけやん! どうやって呼び込むんや!? 僕たとえばTwitterで、オカンのサイトで新しく販売する服の紹介をしたら、興味を持つ人が少しはいるかもしれないよね。 オカンめっちゃおるわ! あほ! 僕……ごめん。そしたら、その興味持った人は欲しいと思って、売っているサイトを探したり、オカンに聞いてくるかもしれない。「リツイート」して拡散してもらえたら、もっと多くの人にオカンのサイトを知ってもらうきっかけになりそうじゃない? オカン確かにな。 僕ソーシャルメディアマーケティングっていうのは、直接買ってもらうためにやると言うよりは、SNSを通じてコミュニケーションを図りオカンのサイトに来てもらうように促す方法なんだ。

ファンを増やしたいならソーシャルメディアマーケティング

ソーシャルメディアマーケティングは、SNSが一般的になってきた頃から発展してきました。

例えば最近では、グリコが11月11日にポッキー&プリッツの日を記念してTwitterやインスタグラム上で写真投稿をしたりすることで、ユーザーとのコミュニケーションを図ったりしています。

僕も言っていましたが、直接購買に結び付けるというより「ユーザーに自社のファンになってもらう」という意味合いで使われることが多いですね。

◇◇◇

僕オカンのECサイトのことを知らない人に知ってもらうための集客施策はこんなところかな。 オカン何やようわからんけどわかったわ! 僕(ほんとにわかったのかな……)
まずはフリマアプリで出稿費をかせがな! 最新情報に更新することが大事なんやな…お!ええこと思いついたわ ほな!

わかったらしい。そして何か思いついたらしい……

僕(ちょうどインターンの子にも説明しなきゃいけないところだったから、ちょうどいい機会だったな。それに、久々に親孝行したなあ……)

◇◇◇

と、気軽に考えていた僕。この数日後、オカンからさらなる驚きのLINEメッセージが送られて来るとは、この時まだ知らなかったのでした……。続く……。

(次回は来月公開予定です。お楽しみに!)




今回のまとめ

インターネットでできる基本的な集客施策は、

  1. SEO
  2. リスティング広告
  3. アフィリエイト広告
  4. アドネットワーク
  5. ソーシャルメディアマーケティング

の5つ。

今回覚えたいアドテク用語

CPC(シーピーシー)

「Cost Per Click」の略語。ネット広告の掲載料金の単位の1つで「クリック単価」とほぼ同意。

広告をユーザーがクリックするためにかかった費用を指し、「CPCは○円」というような使い方をする。

CPA(シーピーエー)

「Cost Per Action」もしくは「Cost Per Acquisition」の略。「獲得単価」とほぼ同意。成果を1件獲得するのにかかった費用で、ネット広告の中では特に重要視される指標の1つ。

他の課金形態のネット広告の場合も、「CPAに換算すると○円」というように指標として用いることが多い。

CPM(シーピーエム)

「Cost Per Mille」の略語。Milleは「千」という意味で、広告が1,000回表示されたときにかかった費用のこと。



コメントを残す