今、Jリーグであなたが実力No.1だと思うゴールキーパーは? – Number Web

Home » 03マーケティング » 今、Jリーグであなたが実力No.1だと思うゴールキーパーは? – Number Web
03マーケティング, ポジショニング コメントはまだありません



ポジショニング
コーナキック、サイドからのクロス、1対1、ミドルシュート対応どれを取っても一級。Jリーグでは、権田修一と中村こうすけ以外では見たことがない。
シュートストップ
ミドルシュートのポジショニングが素晴らしく、1秒で判断して正しいセイビングを実践している。一対1のポジショニングも間違いない。相手がシュートを打つまで、その場でステイして、手の広げ方も間違いない。他の日本人キーパーは、シュートの瞬間に動いてしまい隙だらけ。
コーナキック、クロス
自分で弾けないキャッチできないと判断した場合、素早く落下点に入りヘディング、ボレーの準備がしっかりできたポジショニングをしている。日本人キーパーは、落下点に入るのが遅く、結果的にシュートストップできない。
最近のキーパーは、ノイアーやバルサの影響で、足元ができるというのが条件になっているが、キーパーはまずはシュートストップ、これが重要。

tomoboyさん2017/03/08 13:09に投稿






コメントを残す