経費精算「Concur Expense」とSAP ERPシステムの連携ツール最新版 … – マイナビニュース

Home » 09情報技術(IT) » ERP » 経費精算「Concur Expense」とSAP ERPシステムの連携ツール最新版 … – マイナビニュース
ERP コメントはまだありません



クレスコ・イー・ソリューションは3月9日、同社が開発・販売する「ConnectPlus for CONCUR Expense」の最新版「ConnectPlus for CONCUR Expense V1.1」を、3月より販売開始したと発表した。

「ConnectPlus for CONCUR Expense」は、SAPシステムと経費精算クラウドサービス「Concur Expense」とのデータ連携を実現するSAPシステム専用のConcur連携ツール。

SAP ERPシステムへのアドオン開発をせず、初期設定だけでConcur ExpenseとSAP ERPシステムとの連携が行える。データ通信やファイル転送、マッピングなど、必要最小限の機能により、Concur Expense導入期間を短縮し、導入コストを最小限に抑えることが可能になる。

最新版では、Concur Expenseに加え、Concur InvoiceとSAP ERPシステムとの連携が実現できるようになった。

具体的には、請求処理自動化クラウドサービス「Concur Invoice」とのデータ連携が可能になり、SAP ERPシステムに請求書照合伝票を登録する機能を追加した。また、設定機能の強化として、マッピング機能で使用できる関数を追加したほか、各処理コンポーネントを組み合わせジョブ定義が可能になった。




<お知らせ>
ITソリューション検討Information

マイナビニュースのIT Search+では、ITソリューションの検討に役立つ情報を掲載しています。
ここでは、IT Search+の人気記事ベスト3をご紹介。ぜひ、ビジネスにお役立てください。



コメントを残す