日鋳造、今期最終を赤字拡大に下方修正、配当も1円減額 – 株探ニュース

Home » 06財務・会計 » 日鋳造、今期最終を赤字拡大に下方修正、配当も1円減額 – 株探ニュース
06財務・会計, キャッシュフロー コメントはまだありません



決算速報

戻る
決算短信PDF

日本鋳造&nbsp<5609>【連結】

2017年03月10日15時00分

日鋳造、今期最終を赤字拡大に下方修正、配当も1円減額

 日本鋳造 <5609> [東証2] が3月10日大引け後(15:00)に業績・配当修正を発表。17年3月期の連結最終損益を従来予想の2.5億円の赤字→8.6億円の赤字(前期は1億円の黒字)に下方修正し、赤字幅が拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結最終損益も従来予想の1.9億円の赤字→8億円の赤字(前年同期は1.5億円の黒字)に下方修正し、赤字幅が拡大する計算になる。

 業績悪化に伴い、期末一括配当を従来計画の2.5円→1.5円(前期は2.5円)に大幅減額修正した。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
 (1)減損損失発生 当社の大型鉱山建設機械用部品製造ラインについて今後、低稼働状況が継続する可能性が今般高まったことから、将来の回収可能性について検討した結果、「固定資産の減損に係る会計基準」に従い、当ラインの帳簿価額について将来キャッシュ・フローの現在価値まで減額し、当該減少額を減損損失として特別損失に計上する予定です。 本会計処理は当社のキャッシュ・フ»続く

ローに影響を与えるものではありません。 平成29年3月期における減損損失  330百万円程度(2)PCB処理引当金追加繰入 当社は、平成28年3月末で高濃度PCBコンデンサを対象に230百万円のPCB処理引当金を計上しています。 工場建屋の照明のLED化工事に伴い照明用安定器を取り外して個別に銘板の確認を進めたことにより、今般、照明用安定器に含まれる高濃度PCB機器の数量を推定することが可能となったことから、現在使用中の照明を含めPCB処理費用を見積もり、追加でPCB処理引当金を繰入れ、特別損失に計上する予定です。 平成29年3月期における追加繰入額  370百万円程度

  当社は、経営基盤の強化及び将来の事業展開に備えるための内部留保の充実等を勘案した上で、株主の皆様方に対する利益還元を実現していくことを基本方針としております。当社の期末配当金は、1株につき2.5円を予想しておりましたが、上記の通期連結業績予想の修正のとおり、親会社株主に帰属する当期純損益が大幅な赤字となる見込であることから、当期の期末配当金につきましては、1.5円に修正させていただく予定です。※上記の予想は、現時点で入手可能な情報に基づき算出したものであり、その達成を当社として約束する趣旨のものではありません。また、実際の業績は今後のさまざまな要因によって異なる結果となる可能性があります。

業績予想の修正

今下期【修正】






決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
  旧 16.10-03 5,179 -273 -275 -190 -3.7 2.5 17/01/20
  新 16.10-03 5,179 -273 -275 -800 -15.59 1.5 17/03/10
修正率 0.0 0 0 赤拡 赤拡   (%)

今期【修正】






決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
  旧  2017.03 9,500 -350 -350 -250 -4.87 2.5 17/01/20
  新  2017.03 9,500 -350 -350 -860 -16.76 1.5 17/03/10
修正率 0.0 0 0 赤拡 赤拡   (%)

※単位:売上高、営業益、経常益、最終益…「百万円」。1株益、1株配は「円」。率は「%」

※最新予想と従来予想との比較

今期の業績予想


今下期【予想】






決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
    15.10-03 6,040 279 281 153 3.0 2.5 16/04/20
  予 16.10-03 5,179 -273 -275 -800 -15.6 1.5 17/03/10
前年同期比 -14.3 赤転 赤転 赤転 赤転   (%)

今期【予想】













決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 1株益 1株配 発表日
     2015.03 10,349 72 88 7 0.1 2.5 15/04/17
     2016.03 11,096 213 225 109 2.1 2.5 16/04/20
  予  2017.03 9,500 -350 -350 -860 -16.8 1.5 17/03/10
前期比 -14.4 赤転 赤転 赤転 赤転   (%)

※最新予想と前期実績との比較。予想欄「-」は会社側が未発表。

※上記の業績表について
  • ・「連」:日本会計基準[連結決算]、「単」:日本会計基準[非連結決算(単独決算)]、「U」:米国会計基準、「I」:国際会計基準(IFRS)、「予」:予想業績、「旧」:修正前の予想業績、「新」:修正後の予想業績、「実」:実績業績、「変」:決算期変更
  • ・[連結/非連結]決算区分の変更があった場合は、連続的に業績推移を追えるように、連結と非連結を混在して表示しています。連結と非連結が混在しない場合は、「連」「単」表記は省略します。
  • ・前期比および前年同期比は、会計基準や決算期間が異なる場合は比較できないため、「-」で表記しています。
  • ・米国会計基準と国際会計基準では、「経常益」欄の数値は「税引き前利益」を表記しています。
  • ・業績予想がレンジで開示された場合は中央値を表記しています。

【注意】「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)において、上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL(企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語)に基づいたデータをそのまま使用しています。また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。

【関連記事・情報】






コメントを残す