欧州債:軒並み下落-ECB総裁が景気へのリスクバランス改善を指摘 – ブルームバーグ

Home » 08金融 » 仕組債 » 欧州債:軒並み下落-ECB総裁が景気へのリスクバランス改善を指摘 – ブルームバーグ
仕組債 コメントはまだありません



9日の欧州債市場ではユーロ参加国の国債が軒並み下落。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が景気に対するリスクバランスの改善を指摘したほか、利下げを示唆する言及を削除するかどうか協議したことを明らかにした。

  ユーロが上昇した一方、ドイツ10年債利回りは前日比5ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の0.42%と、1カ月ぶりの高水準に達した。ドラギ総裁は政策決定後の記者会見で、金融緩和を堅持する必要性を強調したものの、必要に応じて利下げする準備があるかについての言及を削除するかどうか「簡単に」話し合ったと述べた。

  クレディ・アグリコルのストラテジスト、バレンティン・マリノフ氏は電子メールで、「ユーロはドラギ総裁が明らかにした域内経済見通しの上方修正に反応した」とし、「年内に域内の政治リスクが後退し始めたらECBが緩和策終了へと近づく可能性があることを示唆したと受け止められているようだ」との見解を示した。

  ユーロ参加国の国債利回りとスプレッドの一覧はこちらをクリックしてください。

原題:Euro, German Yields Rise as Draghi Gives Nod to Improved Outlook(抜粋)
Bund Losses Extend Over ECB; End-of-Day EGB Curves, Spreads(抜粋)




最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE



コメントを残す