「産業用IoT(モノのインターネット)の世界市場:2022年に至る技術・デバイス別、システム別予測」リサーチ最新版刊行 – エキサイトニュース

Home » 03マーケティング » 「産業用IoT(モノのインターネット)の世界市場:2022年に至る技術・デバイス別、システム別予測」リサーチ最新版刊行 – エキサイトニュース
03マーケティング, プロダクト・ライフサイクル コメントはまだありません



リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「産業用IoT(モノのインターネット)の世界市場:2022年に至る技術・デバイス別、システム別予測」のお取扱いを開始いたします。

【レポート紹介】
産業用IoTの世界市場規模は今後2022年には1954億ドルにまで拡大すると予測されます。2015年段階の同市場規模は1137億ドルと見られ、2022年に至る平均年成長率は7.89%とレポートでは分析しています。
レポートでは、2022年に至る産業用IoTの世界市場予測(市場規模US$)、技術/デバイス別市場(全15セグメント:センサー、RFID、産業用ロボット、3Dプリンティング、分散制御システム等)IIoTシステム/ソフトウェア別(全9セグメント:製品ライフサイクル管理、生産実行システム、SCADA、停止管理システム、流通管理システム等)、エンド業界別(全8セグメント:製造業、ユーティリティー、石油、ガス、金属、鉱業 、小売等)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業16社プロフィール動向などの情報も交えて、産業用IoT市場の現在と今後展開を予測分析していきます。

【英文市場調査レポート】
産業用IoT(モノのインターネット)の世界市場:2022年に至る技術・デバイス別、システム別予測
Industrial IoT Market by Device & Technology (Sensors, RFID, Industrial Robotics, DCS, Condition Monitoring, Smart Meters, AHS, Camera System, Networking Technologies), Software (PLM Systems, MES, SCADA), Vertical, and Geography – Global Forecast to 2022
http://researchstation.jp/report/MAM/4/Industrial_IoT_2022_MAM473.html

【レポート構成概要】
◆ 産業用IoTの世界市場予測2013-2022年
・市場規模(US$)

◆ 技術/デバイス別、市場-2022年
・センサー
・RFID
・産業用ロボット
・3Dプリンティング
・分散制御システム
・状態監視
・スマートメーター
・GPS/GNSS
・自律運搬システム
・iBeacon
・カメラシステム
・収量モニター
・誘導、操舵(guidance/steering)
・フロー制御、アプリケーション制御
・ネットワーキング技術
- 有線技術:イーサネット、Modbus、Profinet、Foundation Fieldbus
- 無線技術:Wi-Fi、ZigBee、Bluetooth Low Energy (BLE)、セルラー技術、衛星技術
※(市場規模US$)

◆ IIoTシステム/ソフトウェア別、市場-2022年
・製品ライフサイクル管理
・生産実行システム
・SCADA
・停止管理システム(outage management system)
・流通管理システム
・小売管理ソフトウェア
・遠隔患者モニタリング
・交通管理システム
・農場管理システム
※(市場規模US$)

◆エンド業界別、市場予測?2022
・製造業
・ユーティリティー(スマートグリット、スマート水道管理)
・石油、ガス
・金属、鉱業
・小売
・医療ヘルスケア
・運輸
・農業
※(市場規模US$)

◆主要国地域別市場-2022年
北米
・米国、カナダ、メキシコ
欧州
・英国、ドイツ、フランス
・その他欧州
アジア太平洋
・日本、中国、インド
・その他アジア太平洋
その他地域
・南米
・中東
・アフリカ
※(市場規模US$)
※地域レベルで全てのセグメント市場別の細分化データ掲載、詳細は目次参照

◆市場分析
・市場ダイナミクス(ドライバー、障壁、機会、課題)
・競合状況

◆ 産業用IoTの主要企業プロフィール動向
・ARM LTD.
・CISCO SYSTEMS, INC.
・GENERAL ELECTRIC
・INTEL CORPORATION
・ROCKWELL AUTOMATION, INC.
・ABB
・TEXAS INSTRUMENTS INC.
・DASSAULT SYSTÈMES
・HONEYWELL INTERNATIONAL INC.
・HUAWEI TECHNOLOGY CO., LTD.
・INTERNATIONAL BUSINESS MACHINES CORPORATION (IBM)
・KUKA AG
・日本電気株式会社
・ROBERT BOSCH GMBH
・SIEMENS AG
・ZIH CORP.
・KEY INNOVATORS(SIGFOX SA、WORLDSENSING SL、XERAFY LTD.)

(全230頁)

【レポート詳細目次、データ項目一覧(List of Tables)は下記URLより当社HPを参照ください】
★お問い合わせ先:
当レポートへのお問い合わせは、下記URLより「お問い合わせフォーム」アイコンクリックにてお願いいたします。
http://researchstation.jp/report/MAM/4/Industrial_IoT_2022_MAM473.html

発行元:MarketsandMarkets(米国)について
http://researchstation.jp/Publishers/About_MarketsandMarkets.html

日本販売代理店:リサーチステーション合同会社
取扱い開始:2017年3月9日

★関連レポート
「無線センサネットワーク向け環境発電システム(エネルギーハーベスティング)の世界市場:2022年予測」
http://researchstation.jp/report/MAM/3/WSN_Energy_Harvesting_2022_MAM309.html

★リサーチステーション合同会社について
リサーチステーション合同会社は、次世代エネルギー分野を主に、グリーン経済・産業に関する各国政府・企業・国際機関などの最新情報、海外業界ニュース、市場調査データなどを収集、ご提供しているリサーチ情報企業です。
海外調査会社が発行している市場調査レポートの輸入販売を幅広くお取り扱いしているほか、完全オリジナルの海外リサーチも企画、ご提案いたします。
世界中のリサーチ会社との幅広いパイプを活用し、様々な分野のリサーチ情報を組み合わせてご提案可能です。
国際マーケット情報のワンストップサービスとして、ぜひご活用ください。
URL:http://researchstation.jp/index.html

※本プレスリリースは発表元が入力した原稿をそのまま掲載しております。詳細は上記URLをご参照ください。また、プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願い致します。






コメントを残す