杉山新体制、収穫と課題 BB秋田、開幕戦はドロー – 秋田魁新報

Home » 03マーケティング » 杉山新体制、収穫と課題 BB秋田、開幕戦はドロー – 秋田魁新報
03マーケティング, ポジショニング コメントはまだありません



※写真クリックで拡大表示します

【秋田―北九州】前半、ドリブルで攻め上がるBB秋田の久富=ミクニワールドスタジアム北九州

 今季からBB秋田を率いる杉山弘一監督のデビュー戦はドローだった。「アウェーで最後までしっかり戦い抜けたのは良かった。だが、本当は勝ち点3を取れたと思っている」。杉山監督はパスやポジショニングなどDF陣のミスを指摘。これが相手の先制点につながっており、「隙のないチームをつくらないといけない」と厳しい表情を見せた。

 秋田は、陣形をコンパクトに保つ北九州に対し、外側のスペースを生かす意識で臨んだ。序盤は激しいプレスでボールを奪い攻撃に転じると、長短のパスを絡めて攻め込んだ。コンビネーションで相手守備を崩しながら、再三ゴールチャンスを生み出した。しかし、北九州が攻撃の圧力を強めると、隙をつかれて失点してしまった。

(全文 648 文字 / 残り 341 文字)






コメントを残す