gumi、VRの「よむネコ」を持分法適用会社化 – ベンチャータイムス

Home » 07事業再・M&A » gumi、VRの「よむネコ」を持分法適用会社化 – ベンチャータイムス
07事業再・M&A, 企業価値/事業価値 コメントはまだありません



資本・業務提携 VR

3

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加0
  • feedy

gumiは、VR 事業において、「Tokyo VR Startups 株式会社」、「Seoul VR Startups Co., Ltd.」及 び「Venture Reality Fund,L.P.」を通じ、国内、海外において有力な技術・コンテンツ・人材を保有 する企業との戦略的な連携を図ることで、事業展開を加速させてきた。

今後、VR 事業における更なる積極的な事業展開を図るべく、自社 VR ゲームの開発を推進する必要があると判断し、gumiよりよむネコへの出資を実行すること及び当該出資価値の最大化を図るべく、平成 29 年3月 10 日付にて國光宏尚がよむネコの取締役会長(非常勤)に就任すると発表した。

よむネコは、VR ゲームの豊富な開発経験を有する経営陣のもと、VR 空間に没入することができる臨場感とマルチプレイ機能を兼ね揃えた VR ゲーム「エニグマスフィア」を開発し、「Oculus VR, LLC.」 が提供する VR デバイス「Oculus Touch」のローンチ時における、全30本の配信タイトルの1本に選定される等の実績を有しており、今後gumiグループの VR 事業を牽引する高いポテンシャルを有している企業であると考え、今回の提携に至ったもの。

なお、異動後のgumiのよむねこの株式所有比率は。19.80%となる。

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加0
  • feedy






コメントを残す