複数生産拠点で一貫性のあるデータ管理を実現し、設計・開発プロセスを標準化 – TechFactory

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 複数生産拠点で一貫性のあるデータ管理を実現し、設計・開発プロセスを標準化 – TechFactory
01経営戦略・事業戦略, ERM(統合型リスク管理) コメントはまだありません



 PLMソフトウェア「Aras Innovator」を展開するArasは2017年3月13日、日立産機システムが受注生産プロセスの改善、変更管理オペレーションの効率化、製品開発管理の標準化を目的に、Aras Innovatorを採用したことを発表した。

 導入に際しては、Arasの認定パートナーである日立システムズがサポート。複数の言語および拠点対応が容易なAras Innovatorの特長を生かし、日本、タイ、中国の主要生産工場で活用する予定だという。

 日立産機システムは、(1)別々の場所にある情報を単一プラットフォームで管理・相互接続できる点、(2)製品ライフサイクルの段階に応じて、構造化されたBOMを容易に作成・管理できる点、(3)強化されたEBOM/MBOMの同期機能により、設計から製造、サービスまで領域をまたがる変更ステータスをより分かりやすく可視化できる点を評価し、Aras Innovatorの導入を決定したとしている。

 Aras CEOのPeter Schroer氏は次のように述べている。「日立産機システムのように幅広い製品ポートフォリオを持つグローバル企業の多くが、製品が複雑化する中で複数の生産拠点で一貫性のあるデータ管理をしなければならないという課題に直面している。Aras Innovatorを使って部品やBOMのリリースと変更プロセスに対応できるよう、データ構造とワークフローを効果的に統合することで、同社はこれらの複雑なプロセスの標準化や連動がしやすくなる」(Schroer氏)。




併せて読みたいお薦めホワイトペーパー:

併せて読みたいお薦めホワイトペーパー




Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.



コメントを残す