IT導入補助金を利用し、MAツールが3分の1の費用で導入可能に – 時事通信

Home » 03マーケティング » IT導入補助金を利用し、MAツールが3分の1の費用で導入可能に – 時事通信
03マーケティング, B to B/B to C コメントはまだありません

[インパクトM株式会社]

中小企業様向けにマーケティングオートメーションツール「Mautic」と、コンテンツマーケティングをワンストップで提供

MAツールの導入から運用までを低コストで実現
BtoBマーケティング、特にIT業界に豊富な実績を持つマーケティング エージェンシーであるインパクトM株式会社 (旧: オンチャネル・ジャパン株式会社) は、マーケティングオートメーションツールである「Markto(マルケト)」の公式サービスパートナーとして、導入・運用サポートをご提供してまいりました。さらにこの度、オープンソースのマーケティングオートメーション(以下、MA)ツールとして高い注目度を集める「Mautic」の導入について、「サービス等生産性向上IT導入支援事業(経済産業省所管)」の登録事業者して認定されました。
この「IT導入補助金」制度の利用により、Mautic導入費用などの3分の2 (最大100万円) が、補助金として交付されることになります。また、面倒な補助金の申請業務はインパクトMが支援いたします。

インパクトMはBtoBマーケティング、特にIT業界のお客さまの支援実績を豊富に持っており、MAツール導入後のシナリオ作成やメール、ランディングページの作成といった、運用についても安心してお任せいただけます。

BtoBに最適なマーケティング施策をワンストップでご提供
BtoBのマーケティングにおいては、リードの獲得から醸成活動 (ナーチャリング)、さらには案件化まで、連続的に展開することが非常に重要になります。インパクトMはプロモーションからコンテンツの作成、MAを使ったナーチャリングに加えてテレマーケティングまで、統合的なBtoBマーケティング施策をワンストップでご提供することが可能です。中でも、専門性や業界知識が必要とされるIT分野のマーケティング活動支援において多くの実績を残しているのはユニークな特徴といえます。

インパクトMのワンストップ・ソリューションが上手くいく理由
BtoBマーケティング ワンストップサービスの詳細はこちら>>
https://goo.gl/6XAxxd

テレマーケティング部門を自社で保有
デジタルマーケティング全盛の中、BtoBでは依然有効とされるテレマーケティングについては、自社に専門のテレマーケティング部門を保有しています。デジタルマーケティングで獲得したリードに対し、中長期的なインサイドセールスの展開や、短期的な案件化など全て一気通貫で請け負うことができるのが大きな強みです。深い知識と豊富な経験を持つ熟練のテレマーケッターが、見込み案件を「営業にトスできる状態」まで育てます。

コンテンツマーケティングの企画・運営力を強化
2017年1月にはコンテンツマーケティングに特化したバリュードライブ株式会社の株式51%を取得し、傘下に迎えました。これにより、これまでのサービス提供モデルに高品質なコンテンツマーケティング戦略立案・制作機能が加わりました。これにより、マーケティングファネルの最初から最後までをまとめてサポートする、ワンストップ・ソリューションがさらに強力になりました。

テクノロジー×データ×クリエイティブで社会や企業をHAPPYに
インパクトM株式会社 について

https://www.impactm.co.jp/
『テクノロジー × データ × クリエイティブで社会や企業をHAPPYに』を理念とするインパクトM。
BtoB マーケティングを中心に、テクノロジーやビッグデータを活用しながら、インパクトのあるクリエイティブアイデアで、社会や企業の課題を解決するのが我々のミッションです。
BtoBマーケティングの豊富な経験と知識+最新のデジタル テクノロジー+自社で保有するテレマーケターを組み合わせたソリューションで確実な結果を生み出しています。
■■■提供マーケティングサービス■■■
・マーケティング コンサルテーション
・コンテンツ マーケティング導入/運用支援
・マーケティングオートメーション導入/運用支援
・デジタルマーケティング全般
■■■運用サイト■■■
CHANGE-MAKERS
https://www.change-makers.jp/

「伝える」と、繋がる。
バリュードライブ株式会社 について

http://value-drive.jp/
品質重視、BtoB、IT、マーケティングに強みを持つバリュードライブは、お客さまの想い、理念、目的やその背後にあるストーリーを深くまで理解した高品質なコンテンツを提供します。
マーケティング×ITを事業の柱とし、大手IT企業の案件を豊富に扱っています。コンテンツディレクターはITやマーケティング、デジタルテクノロジーの知識やトレンドに精通したプロフェッショナルです。
■■■運用サイト■■■
コンテンツマーケティング研究所
http://cm-labo.com/

お問い合わせ、見積依頼はこちらから
infoj@impactm.co.jp

企業プレスリリース詳細へ (2017/06/15-12:44)

コメントを残す