森田化学工業 中国でLiB電解質を再増強 – ヘッドライン ニュース

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 森田化学工業 中国でLiB電解質を再増強 – ヘッドライン ニュース
01経営戦略・事業戦略, BCP コメントはまだありません



森田化学工業 中国でLiB電解質を再増強

 【上海=但田洋平】森田化学工業は江蘇省張家港市の拠点で、リチウムイオン2次電池(LiB)の電解質である六フッ化リン酸リチウム(LiPF6)を増強する。2018年をめどに年産能力を5割増の7500トンまで引き上げる計画で関係当局に申請手続き中。同省泰興市においても新工場を建設中だが、事業継続計画(BCP)の観点や規模拡大によるコストダウンを図ることを狙い、張家港でも再増強に踏み切る。電池部材メーカーの乱立により、LiPF6をはじめとした各種材料の市況は低迷期にある。そのなか同社は長期スパンで事業計画を描き、トップサプライヤーとして市場をリードする。




森田化学工業 中国でLiB電解質を再増強



コメントを残す