【東京ジャンプS予想2017】スズカプレスト、早めの仕掛けの意識が必要か – 競馬ヘッドライン

Home » 03マーケティング » 【東京ジャンプS予想2017】スズカプレスト、早めの仕掛けの意識が必要か – 競馬ヘッドライン
03マーケティング, ポジショニング コメントはまだありません



今週末の24日(日)は今春の東京競馬場では最後の重賞となる東京ジャンプSが開催されます。最終登録が9頭とかなり寂しい組み合わせとなりました。障害馬の1流馬達はご褒美の夏休み中ということで放牧中。この時期に障害馬の1流どころが出走してくる事は少なく、ここもかなり小粒なメンバー構成となっております。しかし、能力差がわりとはっきりしているので、人気は顕著に現れそうです。

今回人気の中心となりそうなのが、前走京都ハイジャンプで3着の実績があるスズカプレスト。レースではマークされる分厳しい部分はありますが、実績は間違いなく上位。前走は春に障害へ転身した勝ち馬のマドリードカフェの平地力には叶いませんでしたが、飛び越えも完璧で、バンケットも上手くクリアし、終いの粘りを生かす競馬で3着に残しました。

OPに上がってからは100%馬券に絡んでおり堅実な結果を出しておりますが、勝ちきれなずにおりまだ白星をあげることが出来ておりません。直線で切れる脚を使えるわけではないので、早めに仕掛けて行く意識がもう少し欲しいところ。前走もポジショニングは上手く取れていたので、もう少し思い切って動いていければ重賞勝利達成も難しくないはずです。

今回は距離も短縮され頭数も9頭と少ないですから、ポジショニングもスムーズに取りにいけそうですし、前で競馬ができるこの馬なら今回も間違いなく上位に来るでしょう。あとは鞍上の北沢伸也騎手が最後の仕掛けの意識さえ強くもってくれれば、ここで重賞初制覇も夢ではないでしょう。






コメントを残す