グラウディオラ監督が語った“育成の根底”日本人コーチが見たスタンダードとは? – エキサイトニュース

Home » 05人事・人材開発 » グラウディオラ監督が語った“育成の根底”日本人コーチが見たスタンダードとは? – エキサイトニュース
05人事・人材開発, コーチング コメントはまだありません



勝村政信と皆藤愛子がMCを務めるテレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)。7月16日の放送は、海外でサッカー指導者として活躍する白石尚久をゲストに招き、番組アナリストの福田正博、三浦淳寛と共に「指導者の成長」について語り合った。

白石は、大学卒業後、フランスなどでプレーし、27歳で現役を引退。その後、海外でコーチングを学び、2008年にスペインでバルセロナのスクールコーチに就任し、指導者としての道を歩み始める。そして、スペインの2部などで監督やコーチを歴任し、ACミランで出場機会に恵まれていなかった本田圭佑から直接オファーを受け、専属の分析官を務めた。

そんな白石だが、どうして海外で指導をすることになったのか? 白石は「日本のサッカーは世界のトップクラスではなかった」と端的に述べ、世界で一番面白いサッカーをしているのはFCバルセロナだと考え門戸を叩いたという。そして2008年、グラウディオラ監督が率いたFCバルセロナのスクールコーチに就任。その時、グラウディオラ監督がスクールコーチに講義を実施し「指導者が育たなければ、選手は育たない」と伝えられたというエピソードを明かし、スペインには“優秀な指導者を育てる”という考えが根本にあると伝えた。

また、白石は国によってトレーニングは全く違うと語り、スペインとイタリアの違いを紹介。スペインにはトランジション(攻守の切り替え)の概念があり、重点的にトレーニングを積むが、イタリアではトランジションの意識は低く“守るか攻めるか”、特に“守り”に力が注がれており、「スペインでイタリアのトレーニングをやっても“何だこれ?”と言うと思う」と文化や風土の違いが確実にあると話した。






コメントを残す