パリから始まった「樂之者」 – BIGLOBEニュース

Home » 06財務・会計 » ABC/ABM » パリから始まった「樂之者」 – BIGLOBEニュース
ABC/ABM, 財務諸表 コメントはまだありません


■「空洞化」を越える、ゴルチエとの協業

1982年、パリで、ファッションデザイナーのジャンポール・ゴルチエ氏と出会った。子会社の樫山フランスが買収したブティック「バスストップ」で、自社で企画してつくった婦人服を売り出そうと、5年前に募集した専属デザイナー。10歳年下の30歳で、新進気鋭、売り出し中だった。

オンワードホールディングス会長 廣内 武

いまでもそうだが、海外で単独店で収益を上げていくには、様々な壁がある。とくに、ファッションに敏感なパリジェンヌが相手では、競争も激しい。「バスストップ」も、先端ファッションを選んでいたが、売れて著名になると独立し、専門店ができてしまう。せっかく育てても抜けていく、という「空洞化」を繰り返していた。

前年の正月、社長に呼ばれた。「もしかすると」と思いながらいくと、描いていた異動先の1つ、海外事業部長を3月付で内示される。あわてて英会話学校へ飛び込み、短期集中型の授業を受け始めた。それまで、海外に縁はない。なぜ「もしかすると」と思ったかと言えば、その前に同期と2人で会社初の中期経営計画を策定し、提案した新設部だったからだ。

樫山(現・オンワード樫山)はアパレル業界ではいち早く海外に子会社をつくり、店を開いた。ただ、複数のブランドが婦人服部と紳士服部に分かれて所属し、ミラノとニューヨークは紳士服事業部長、パリは婦人服事業部長の管轄という縦割りになっていった。そこで「これからは国際化と情報化が最重要。情報システム部と国際事業を一本化した部を、新設するべきだ」とした。社長も頷き、同期と2人で「どちらが、どちらにいくのか?」とささやいた。

海外事業部長に就くと、すぐにミラノ、ローマ、パリ、ニューヨークの4拠点を巡る。でも、どこでも、話をしたこともない面々ばかり。彼らも、他の拠点の人間を知らず、一元化するといっても簡単ではない。そこで、前例のない試みを決断する。81年秋、各拠点から約20人を、パリに集めた。

ホテルの会議室で、何をやりたいと思っているのか、話させてみる。すると、現場はけっこう燃えていて、次々に面白い案が出る。いろいろな実態を知ることもできたし、知るほどに興味が深まっていく。自分たちでブランドを立ち上げよう、との機運も高まった。こうした会合は「インターナショナルミーティング」と呼び、いまも年1回、開いている。

ゴルチエ氏とはライセンス契約を結び、世界のファッション界が注目するパリコレクションへの出展も支援した。出展は名を売るためではダメで、必ず注文を取り、現地で生地を買い、デザイナーが型をおこし、工場をみつけてつくって、販売しなくてはならない。全く知らない世界だ。しかも、樫山フランスの小さな店が世界のアパレル業界に挑戦する形だから、大変だ。でも、面白い。それを、現地の社員たちと苦労して、やり遂げた。やってみると、面白いだけでなく、実に楽しめた。

次に社長が出した課題は、日本での生産。85年3月にゴルチエ事業本部長となり、北陸などの繊維会社を回り、ライセンスの供与先をみつけて、全国の百貨店などで売っていく。ここでも、自社であまり例がなかったことに、踏み出した。日本でつくるなら、自分の手でも売りたいと、都内で店を出す候補地を探す。

渋谷に近い代官山に、35坪の土地がみつかる。ビルを建て、86年8月に「ジャンポール・ゴルチエショップ」(現・グレースコンチネンタル代官山本店)を開いた。敷地が狭いから、1階だけでなく地下1階にも展開した。最もこだわったのは、地下へ降りていく中央の階段だ。建築業者は階段の穴を直径1.5メートルにして、1階フロアを広めにとった。

だが、気に入らない。降り口が小さくては、地下の商品群があまり目に入らず、迫力がない。それではファッションにこだわりを持ち、「ゴルチエ」が好きで、わざわざきてくれる人に応えられないし、ブランドイメージも損なわれる。1階の展示面積を犠牲にしても、やはり地下売り場を打ち出したい。そう考えて、できていた穴の直径を2倍に広げ、階段を螺旋状にして、地下の品々がよくみえるようにつくり直させた。前年に42歳で取締役になっていた。

■国内外で街を歩き「感性」を磨く

若いころは、ファッション現場から遠かった。だが、海外事業部へいってから、国内外どこへいっても街を歩き、店をのぞき、感性を磨いた。代官山の出店でいろいろとこだわったのは、そんな年月でファッション界が「知っている」から「好きだ」となり、さらに「楽しい」になっていたからだ。

「好之者、不如樂之者」(之を好む者は、之を樂しむ者に如かず)──何事も、それを好むだけの人よりは、それを楽しむ人のほうが上だとの意味で、中国の古典『論語』にある言葉。その前には「知之者、不如好之者」とあり、それを知っているというだけの人よりは、それを好む人には及ばない、ともある。ファッション界を知るところから始まり、好きになり、楽しんで取り組むようになった廣内流は、この教えと重なる。

1942年11月、高知市で生まれる。両親と兄1人、弟1人、姉2人、妹1人の8人家族。父は終戦時、満州で鉄道会社に勤めていて、ソ連軍に抑留されたが、解放されて帰国し、知人と会社を設立した。高知の豊かな森林を活用して炭をつくり、粉にして、薬の浄化剤向けに薬品メーカーに売っていた。だが、小学校5年のときに急死。母は会社の株式を売ってアパートを建て、収入を子どもたちの教育費などに充てた。

地元の小・中学校から私立土佐高校へ進み、大学は校歌「都の西北」が好きだった早大の法学部。就職は母のことも考え、初任給が高い企業を探し、最後に残ったアパレル2社のうち樫山を選ぶ。

65年4月に入社。紳士服の営業が希望だったが、経理部に配属される。新入社員は、みんなより1時間早く出社し、雑巾がけや灰皿の掃除をやらされた時代。担当した売掛金の管理では、商業高校を出た女性陣にあれこれ教わった。

次に買掛金の支払いと財務諸表の管理を担当し、29歳で課長になる。経理部に通算12年となったある日、社長に誘われて飲んだ。初対面で上気し、何を話したか覚えていないが、まもなく紳士服部の計数管理課長の辞令が出た。「面接」だったようで、数字に強い、と見込んでくれたらしい。

当時は、婦人服部などの事業部が、仕入れから販売まですべての権限を持ち、収益も管理した。そこの課長に「よそ者」から就くのは初めてで、低姿勢を貫く。同時に、手元に集まる計数を分析し、担当者らに適切な助言を続ける。数字は嘘をつかないから、よそ者扱いは消えていく。次の婦人服部の計数管理課長でも、同様だ。

97年3月、社長に就任。でも、国内外を巡り、現地社員らから最新情報を聞き、街の店をのぞくことは続く。会長となり、後継者が病に倒れて復帰した後も、再び会長になってからも、それは変わらない。そしていま、頭の中を大きく占めているのが、後編で触れる代官山につくる新たな情報発信拠点。のぞいてみる個所が、食や文化の世界へと広がっている。

———-

オンワードホールディングス会長 廣内 武(ひろうち・たけし)

1942年、高知県生まれ。65年早稲田大学法学部卒業、樫山(現・オンワード樫山)入社。85年取締役。91年常務、94年専務、97年社長、2005年会長。07年持ち株会社「オンワードホールディングス」を設立。11年会長兼社長。15年より現職。

———-

(オンワードホールディングス会長 廣内 武 書き手=街風隆雄 撮影=門間新弥)


コメントを残す