ボツワナに受け入れ拒否要求=ダライ・ラマ訪問で中国 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » ボツワナに受け入れ拒否要求=ダライ・ラマ訪問で中国 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 【ハボローネAFP=時事】アフリカ南部ボツワナの中国大使館は15日、ボツワナ政府に対し、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世(インド亡命中)の訪問を受け入れないよう要求する声明を発表した。
 ボツワナのカーマ大統領は12日、8月に来訪するダライ・ラマと会見すると発表した。ダライ・ラマは8月19日、ボツワナの首都ハボローネで開かれる対話集会に出席する予定。
 ダライ・ラマは中国にチベットの自治拡大を求めているが、中国大使館の声明はダライ・ラマについて「反中的な(国家)分裂主義活動に長年従事している」と非難した。(2017/07/16-09:32)

【国際記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す