マカロワ、ベスニナ組が初制覇=ウィンブルドンテニス – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » マカロワ、ベスニナ組が初制覇=ウィンブルドンテニス – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 【ウィンブルドン(英国)時事】テニスのウィンブルドン選手権第12日は15日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子ダブルス決勝で、昨年のリオデジャネイロ五輪金メダルで第2シードのエカテリーナ・マカロワ、エレーナ・ベスニナ組(ロシア)が第9シードの※(※簷の竹カンムリなし)皓晴(台湾)モニカ・ニクレスク(ルーマニア)組を6-0、6-0で圧倒し、初めて制した。
 男子ダブルス決勝では第4シードのルカシュ・クボット(ポーランド)マルセロ・メロ(ブラジル)組が第16シードのオリバー・マラハ(オーストリア)マテ・パビッチ(クロアチア)組を5-7、7-5、7-6、3-6、13-11で振り切り、初優勝した。 (2017/07/16-08:32) 関連ニュース

【スポーツ総合記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す