中西、和田が銅=世界パラ陸上 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 中西、和田が銅=世界パラ陸上 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 陸上の世界パラ選手権第2日は15日、ロンドンで行われ、女子走り幅跳び(切断など)の中西麻耶(うちのう整形外科)が5メートル00で銅メダルを獲得した。男子5000メートル(視覚障害)でも和田伸也(賀茂川パートナーズ)が15分54秒29で3位に入った。
 女子200メートル(切断など)では、リオデジャネイロ・パラリンピックの400メートルで銅メダルを獲得した辻沙絵(日体大大学院)は26秒84で6位だったが、自身が持つ日本記録を更新した。女子200メートル(脳性まひ)の高松佑圭(堺ファインズ)も日本新記録の29秒56で6位。 (時事)(2017/07/16-11:54) 関連ニュース

【スポーツ総合記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す