北海道と東北で大雨=土砂災害など警戒-気象庁 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 北海道と東北で大雨=土砂災害など警戒-気象庁 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



 北海道と東北では16日、低気圧や梅雨前線の影響で局地的に激しい雨が降った。気象庁は同日夜にかけて土砂災害や低地の浸水、河川の増水に警戒し、落雷や突風に注意するよう呼び掛けた。秋田、岩手両県の一部には土砂災害警戒情報が出された。
 北海道では北部付近の低気圧、東北では北部に停滞する梅雨前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になっている。
 北海道神恵内村では16日午前10時20分ごろまでの1時間に57.5ミリの雨が降り、この地点の7月の観測史上最多を記録。秋田県五城目町では同6時20分ごろまでの1時間に49.5ミリの雨が降った。
 17日午前6時までの24時間雨量は多い所で、東北の日本海側北部150ミリ、日本海側南部120ミリ、太平洋側北部100ミリ、太平洋側南部と北海道80ミリと予想される。(2017/07/16-11:53) 関連ニュース

【社会記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す