マイナーチェンジしたレヴォーグとWRXはパフォーマンスや乗り心地にも手が入った – carview!

Home » 11パブリック・マネジメント » マイナーチェンジしたレヴォーグとWRXはパフォーマンスや乗り心地にも手が入った – carview!
11パブリック・マネジメント, 市場化テスト コメントはまだありません



試乗
2017.7.17 レポート:塩見 智
/
写真:SUBARU




マイナーチェンジしたレヴォーグとWRXはパフォーマンスや乗り心地にも手が入った



マイナーチェンジしたレヴォーグとWRXはパフォーマンスや乗り心地にも手が入った


ツーリングアシストは約10万kmのテストで煮詰めた

「スバル レヴォーグ」がマイナーチェンジした。登場後、約3年間で9万5000台以上を販売したスバルの最重要モデルだ。年間国内販売台数12万台を目指す同社にとって、今後も継続的に売れてもらう必要がある大切なモデルだから、毎年少しずつ手が加えられる。社内呼称は登場時がA型、アドバンスドセイフティパッケージが加わった段階がB型、STIスポーツが加わった段階がC型。そして今回がD型。D型では何が変わったか。

スバルによれば、開発は「内外装のリフレッシュと使いやすさの向上」「動的質感の熟成」「先進安全技術のさらなる進化」の3点に力点を置いたそうだ。同社は「インプレッサ」と「XV」に新しい車台「SGP(スバルグローバルプラットフォーム)」を用いて高い評価を得たが、車台の世代としては古くなったレヴォーグがどこまで進化したかを探るべく、静岡県のサイクルスポーツセンターで試乗した。

「先進安全技術のさらなる進化」は、アイサイト(ver.3)に新たに「ツーリングアシスト」機能が加わったということが一番のニュースだ。輸入車や日産車に備わる低速時(渋滞時)の先行車追従と車線逸脱防止および車線中央維持がアイサイトにも備わったのはグッドニュースに違いないが、アイサイトを早くに実用化したスバルにしては導入が遅かったのでは? 熊谷泰典PGM(プロジェクトゼネラルマネージャー)に尋ねると「我々は先進安全技術面で先行しているという自負がありますから、この機能も早く市場投入したかったのですが、リアルワールドで使えるものになるまで徹底的に煮詰めました」との返事。暗に他社製品のようにすぐキャンセルされたり、逆にドライバーに一瞬でも怖い思いをさせるまでシステムが粘ったりしたら意味ないでしょうと言っているように聞こえた。しかし残念ながら、今回はこの機能をテストすることはかなわなかった。



コメントを残す