由良川ラフティング、スリル満喫 京都で体験教室 – 京都新聞

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 由良川ラフティング、スリル満喫 京都で体験教室 – 京都新聞
02組織・コーポレートガバナンス, 委員会設置会社 コメントはまだありません



由良川でラフティングを楽しむ参加者ら(綾部市上原町)
由良川でラフティングを楽しむ参加者ら(綾部市上原町)

 京都府綾部市の由良川で16日、カヌー・ラフティング体験教室が開かれた。参加者は、初めて行われたゴムボートによるラフティングやカヌーでの川下りを満喫した。

 府中丹広域振興局がスポーツを観光につなげようと2014年度から開催。今回は山家地区の住民団体「やまが元気プロジェクト委員会」が企画運営し、並松町での初心者向けのカヌー教室を加えた3コースに約50人が参加した。

 ラフティングは、カヌー愛好家らのために同委員会が河岸に下りる道や駐車場を整備中の由良川左岸(上原町)から出発。参加者は水上でパドル操作を練習した後、インストラクターとともに5人ずつゴムボートで並松町までの約6キロを下った。

 急流に差し掛かると歓声を上げ、降雨で休憩しながら約2時間で到着した。会社員本田さわ子さん(48)=福知山市厚中町=は「急流などスリルがあって面白かった。乗った人とも仲良くなれ、企画があればまた参加したい」と話した。

【 2017年07月17日 10時53分 】

関連記事     

ニュース写真

  • 由良川でラフティングを楽しむ参加者ら(綾部市上原町)

京都新聞デジタル版のご案内

地域のニュース



コメントを残す