EUとの経済連携協定の恩恵 韓国自動車メーカーへの不利も解消 学習院大教授・伊藤元重 – 産経ニュース

Home » 04研究開発・生産・物流 » EUとの経済連携協定の恩恵 韓国自動車メーカーへの不利も解消 学習院大教授・伊藤元重 – 産経ニュース
04研究開発・生産・物流, 規模の経済 コメントはまだありません



 EU(欧州連合)との経済連携協定が大枠合意に到達した。日本にとって大きな成果であると思う。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)が米国の離脱で漂流する中で、米国に匹敵する経済規模であるEUとの経済連携協定が実現すれば日本にとって大きな利益が期待できる。EUの自動車などへの関税は米国よりも高くなっているので、関税引き下げだけで見れば米国との経済連携よりもメリットが大きいという見方もできる。

 貿易自由化というと、どうしても輸入国側の企業との競争を中心に考えがちだが、日本車が欧州市場で競争している相手は欧州メーカーだけではない。むしろ韓国メーカーとの競争の方が激しい面があるとも言える。韓国はすでにEUとの自由貿易協定で関税撤廃の権利を確保しているので、競争上有利な位置にあった。日本からの自動車の関税がゼロになるのには少し時間がかかるが、日本企業の不利な条件が解消されるのは喜ぶべきことだ。自動車は、世界規模で競争している。日本メーカーは欧州市場では劣勢だ。米国市場への過度な依存の一本足打法のような状況だ。グローバルな競争力を確保するためにも、欧州市場での売り上げを拡大していくことが必要なのだ。

続きを読む






コメントを残す