「CopyContentDetector」にて英文コピペチェック機能等を含むバージョンアップをリリース – 時事通信

Home » 01経営戦略・事業戦略 » 「CopyContentDetector」にて英文コピペチェック機能等を含むバージョンアップをリリース – 時事通信
01経営戦略・事業戦略, ドメイン コメントはまだありません



[株式会社ウェブサークル]

~英文コピペチェック・デフォルト設定・クロールチェックの省略・文字数警告が可能に~

株式会社ウェブサークル(本社:東京都渋谷区、代表取締役:門田俊介)は、クラウド型コピペチェックツールのCopyContentDetectorにて新規機能を含むバージョンアップを2017年07月13日(木)より追加致しました。これにより英語文章のコピペチェック・ログイン後のデフォルト設定・クロールチェックの省略選択・チェック文字数の警告などが可能になります。
【URL】https://ccd.supersonico.info/

CCDトップ画面
追加した新機能4つの特徴
1.英文コピペチェック機能の追加(ベータ版)
  英語で構成された文章のコピペチェックを行う事が可能になります。英語の構成文をコピペチェックする対象の検索エンジンは日本ではなく海外の検索結果(検索エンジン)を対象としております。現在は無料で利用可能ですが将来的に有料アカウントのみの提供になる予定です。

2.デフォルト設定機能の追加
  無料アカウントに登録してログインして頂いた状態の時に、言語モード(日本語or英語)、除外ドメイン、改行の削除チェックボックス、クロールチェックの省略について、デフォルト設定が出来るようになっております。

3.クロールチェックの省略
  時間のかかるクロールチェック処理を省略する事が可能になりました。チェック結果をすぐに知りたい時に設定していただければクロールチェックを省略したコピペチェック結果を確認する事が出来るようになっております。

4.文字数の過不足警告を表示
  文章入力時に文字数の過不足を検知して画面上に表示する仕様に変更をいたしました。最低25文字以下、最大4,000文字以上(有料プランの場合は8,000文字以上)の場合に文字数に関する警告が表示される様になりました。

【「CopyContentDetector」製品概要】

ライト:月間25万文字/1日65回(API)/文字数8,000文字まで(1回)/月額9,980円(税別)
スタンダード:月間150万文字/1日400回(API)/文字数8,000文字まで(1回)/月額29,800円(税別)
アドバンスド:月間600万文字/1日800回(API)/文字数8,000文字まで(1回)/月額50,000円(税別)
エージェンシー:月間3,000万文字/1日5,000回(API)/文字数無制限(1回)/月額100,000円(税別)

その他詳細は右記URLに記載:https://ccd.supersonico.info/plan/

プラン詳細サイト

会社ロゴ
株式会社ウェブサークルについて
東京都渋谷区でウェブマーケティング事業全般を行っている企業。
ウェブサイト構築からウェブ集客、人材育成から紹介までウェブマーケティングに必要な
施策や人材など様々なご提案が可能。

【会社概要】
会社名:株式会社ウェブサークル
所在地:東京都渋谷区渋谷3-16-5 SHOKAIビル 5F
代表者:門田 俊介
設立:2014年7月15日
URL:http://webcircle.jp/

【お客様からのお問い合わせ先】
株式会社ウェブサークル ソリューション事業部
TEL:03-5778-4212(受付10:00-19:00)
e-mail:ccd@webcircle.jp

企業プレスリリース詳細へ (2017/07/18-14:29)






コメントを残す