【バロンズ】映画館会社の株、PVODが下げ圧力 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

Home » 06財務・会計 » 【バロンズ】映画館会社の株、PVODが下げ圧力 – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
06財務・会計, キャッシュフロー コメントはまだありません



 夏は映画を見に行く人が最も多い時期で、映画館は年間売上高の45%近くを夏に稼ぐ。しかし、夏になっても映画館運営会社の株価は低調で年初来安値付近で推移している。年初来の株価下落率は、AMCエンターテインメント・ホールディングス(AMC)が34%、リーガル・エンターテインメント・グループ(RGC)が5%、シネマーク・ホールディングス(CNK)が1%だ。不調の要因は幾つかあるが、テクノロジーによって買い物の仕方やタクシーの拾い方が変化しているように、映画館にも同様の変化が忍び寄ってきている。

 映画制作会…






コメントを残す