スコップ、画像の人気度に応じて自撮りを現金化できるサービスを開始~バイラルマーケティング活用にも期待 – MarkeZine

Home » 03マーケティング » スコップ、画像の人気度に応じて自撮りを現金化できるサービスを開始~バイラルマーケティング活用にも期待 – MarkeZine
03マーケティング, バイラル・マーケティング コメントはまだありません



 スコップは、スマートフォン向けアプリ「S-chop(スコップ)」において、画像の人気度に応じた高額報酬制度の導入を行った。

 「S-chop」は、商品と一緒に自撮りした写真を投稿することでお金が貯まるスマートフォン向けのアプリサービス。ユーザーは、企業が依頼した一緒に自撮りして欲しい商品やシチュエーションを元に写真を投稿することで、報酬を得ることができる。

 同社は今回、同サービスの活性化とユーザーメリットの拡大を目的として、より高額な報酬制度を導入。ユーザー投票による「♥」を多く集めている人のみが参加できる高額報酬ミッションを開始した。投稿報酬の平均が84円であるのに対し、高額報酬ミッションでは最高2,000円の報酬を獲得することが可能だ。

【関連記事】
アライドアーキテクツ、「UGC事業部」を発足 
「検索はSNSで」がスマホネイティブ女子の当たり前!?【リゼクリニック調査】
SNS投稿から潜在的ニーズに合った本を紹介!近畿大学、AIを使った本のマッチングサービス提供へ
自撮り写真と動画でつくるミルキー! 商品連動の不二家AR作成アプリ
キリン、LINE ビジネスコネクト活用した「自撮り写真提供機能付き自動販売機」を展開






コメントを残す