ディズニー、視覚効果巡り訴訟 「美女と野獣」など – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版

Home » 01経営戦略・事業戦略 » ディズニー、視覚効果巡り訴訟 「美女と野獣」など – ウォール・ストリート・ジャーナル日本版
01経営戦略・事業戦略, ドメイン コメントはまだありません



 米娯楽・メディア大手ウォルト・ディズニーは、視覚効果技術の所有権を巡る長期の法廷闘争に巻き込まれた。今年に入り最大のヒット作から得られる収益に影響が出る可能性がある。

 シリコンバレーの起業家スティーブ・パールマン氏率いるリアデンは17日、ディズニーに著作権、特許権、商標権を侵害されたとしてサンフランシスコの連邦地方裁判所に訴えを提起した。ディズニーが3月に公開した実写版「美女と野獣」、2014年公開の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」、15年公開の「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」に…






コメントを残す