パソナは3連騰で年初来高値、企業の外部人材活用続き18年5月期営業益予想26%増 – minkabu PRESS

Home » 07事業再・M&A » パソナは3連騰で年初来高値、企業の外部人材活用続き18年5月期営業益予想26%増 – minkabu PRESS
07事業再・M&A, ソーシング コメントはまだありません



パソナは3連騰で年初来高値、企業の外部人材活用続き18年5月期営業益予想26%増◇  パソナグループ<2168.T>は3連騰となり、年初来高値を更新した。同社は14日取引終了後に、18年5月期通期の連結業績予想を公表。営業利益見通しを56億5000万円(前期比25.9%増)としていることなどが好感されているようだ。

 売上高予想は3233億円(同15.3%増)。派遣法・労働契約法の改正などを背景に企業の人材ポートフォリオの見直しが進み、引き続き人材派遣やインソーシングなどの外部人材活用が広がるとみているほか、8月に子会社化および事業譲受を予定しているNTT<9432.T>グループの人材サービス会社が業績に寄与することを見込んでいる。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)




minkabuPRESS



コメントを残す