映像制作会社エレファントストーン、完全オリジナル映像を配信するオウンドメディアを開設。年に1本短編映画も制作。新しい作品を生み出す「Labo」(研究所)に。 – 財経新聞

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 映像制作会社エレファントストーン、完全オリジナル映像を配信するオウンドメディアを開設。年に1本短編映画も制作。新しい作品を生み出す「Labo」(研究所)に。 – 財経新聞
02組織・コーポレートガバナンス, ステークホルダー コメントはまだありません



映像制作会社エレファントストーン、完全オリジナル映像を配信するオウンドメディアを開設。年に1本短編映画も制作。新しい作品を生み出す「Labo」(研究所)に。

プレスリリース発表元企業:株式会社エレファントストーン
映像制作会社エレファントストーン、完全オリジナル映像を配信するオウンドメディアを開設。年に1本短編映画も制作。新しい作品を生み出す「Labo」(研究所)に。

映像制作会社エレファントストーン、完全オリジナル映像を配信するオウンドメディアを開設。年に1本短編映画も制作。新しい作品を生み出す「Labo」(研究所)に。

株式会社エレファントストーンのオウンドメディア「bacter」は、クリエイティビティの高いオリジナル映像制作を提供することで、同様の映像をつくってほしいというオーダーを受けたり、既存のステークホルダーに魅力を再認識してもらったり等、多くの目的を持っています。毎月「カッコいい」映像を対外的に発信していくことで、メディアとしても成長していくことを目指しています。

「あなたの想いは、象れる(かたどれる)」をキャッチコピーに、個性的な映像を制作する株式会社エレファントストーン(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:鶴目和孝)は、映像作品をメインとしたオウンドメディア「bacter」を7月18日(火)に開設します。映像クリエイターが毎月1人ずつディレクターとなって、クライアントワークとは一味も二味も違った映像を制作。また、1年に1本短編映画も制作し、2018年3月に最初の公開を予定しています。

▼ 株式会社エレファントストーンのオウンドメディア「bacter」
http://bacter.elephantstone.net

[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0MTMzNSMxODY0OTIjNDEzMzVfUEVmU1dsRGhWSS5wbmc.png ]
[資料: https://files.value-press.com/czMjYXJ0aWNsZSM0MTMzNSMxODY0OTIjNDEzMzVfdW9rSmFKaGxDTC5wbmc.png ]

■他のオウンドメディアとは一線を画す、「Labo」としての役割

オウンドメディアの「bacter」を立ち上げるのは、次のような理由によります。

・webを通じて接点ができた方に「こういう映像を(自社の動画で)作ってほしい」というオーダーをいただく
・クリエイティビティの高い映像を制作できることを示し、無益な価格競争に巻き込まれることを避ける
・既存のステークホルダーに弊社の映像の魅力を再認識していただき、ファンになっていただく
・今後の採用において、クリエイターに「bacter」を見ていただき、この会社で働きたいと思っていただく

「bacter」は、他の一般的なオウンドメディアとは一線を画しています。新しいことに挑戦していく者とともにメディアとして成長し、新たな作品を生み出していく「Labo」(研究所、実験室)としての役割を担うという考えです。

■高品質な映像制作へのこだわり

弊社の撮影・制作スタッフは、大半が映画制作に携わっています。そこで求められるのは「表現したいテーマを、ストーリーに置き換え、それを映像で表す力」です。それは映像制作の本質と言っていいでしょう。

弊社では会社や商品等の訴求すべき事柄について、最も効果的に伝えるための表現手法・設定・構成を検討し、画面の美しさや演技・セリフの自然さを大事にしながら撮影します。一コマ単位のタイミングにこだわり、コンセプトに合ったテロップやエフェクトを組み合わせて編集し、完成させる。そのような映像は、広告だけでなく、作品として面白いと思えるような魅力ある映像を目指して制作しているのです。

一般に左脳が論理、右脳が感性を司るといわれます。映像は右脳を使うイメージをもたれがちですが、実は左脳的な論理性が、右脳と同様かそれ以上に重要だと弊社では考えてきました。そのため直感的なものだけでなく、左脳を駆使した論理展開を踏まえての映像の提案を行っています。

現在、安価な映像制作を謳っている多くの会社が「クラウドソーシング」を利用しています。実際の制作作業を外部に委託する方法と言っていいでしょう。しかし、本当に価値ある映像を作るためには綿密なヒアリング、打ち合わせ、制作チームの連携が必要不可欠です。弊社では、少数精鋭のチームで一貫した制作態勢を構築し、よりクオリティーの高い映像制作を追求しています。

■各クリエイターのポテンシャル発揮を狙い開設。様々なクリエイターとのコラボも

昨今、さまざまな分野で映像の需要が高まり、それに伴って映像制作会社も増加しています。そうした状況下で弊社では、映像の質を下げかねない根拠のない価格競争に巻き込まれることは避けたいと考えました。「こんなカッコいい映像を作れる会社に頼みたい」というクオリティー感を、対外的に発信していくことの必要性が生じたのです。

また、映像制作の依頼を受ける場合、クライアントの要望する内容やイメージに依存することが多く、各クリエイターのポテンシャルを十分に発揮できていない状況も発生。自発的に発信することで、各クリエイターの個性やポテンシャルを発揮させる場所を作りたいと考えました。

以上の理由から、このたびオウンドメディアを立ち上げることにしました。今後はカメラマンやミュージシャン、モデルなど新進気鋭のクリエイター、アパレルブランドなどとコラボレーションしていく予定です。

【株式会社エレファントストーンについて】
所在地:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町22-17 グランドスポット103号室
代表者:代表取締役 鶴目和孝
設立:2011年4月
電話番号:03-6712-7864
URL:http://elephantstone.net

【本件に関するお問い合わせ先】
企業名:株式会社エレファントストーン
担当者名:伊藤 尚平
電話番号:03-6712-7864
Email:info@elephantstone.net

提供元:ValuePress!プレスリリース詳細へ

スポンサードリンク






コメントを残す