業界初のトータルマーケティング型チャットボット「Calling」を開発:時事 … – 時事通信

Home » 03マーケティング » 業界初のトータルマーケティング型チャットボット「Calling」を開発:時事 … – 時事通信
03マーケティング, ソーシャル・マーケティング コメントはまだありません



[株式会社ネオキャリア]

 株式会社ネオキャリア(本社:東京都新宿区 代表取締役:西澤亮一)の子会社である、株式会社ネオラボ(本社:東京都新宿区 代表取締役会長:酒井佑介 以下「ネオラボ」)は、 Webとスマートフォンアプリでシームレスに動作するクラウド型トータルマーケティング(※1)ツール「Calling」の提供を2017年7月18日から開始します。「Calling」はチャットボットを使ったお客様との効率的なファーストコンタクトから、WEBブラウザでのオンライン通話商談、取引先とのビデオミーティング、オンラインライブセミナーなどを可能とし、企業の営業活動における生産性向上に貢献していきます。

(※1)トータルマーケティングとはマーケティングの各機能がよりよい効果を得られるように組み合わせること。


【開発背景】
総務省の調べ(「平成27年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査 報告書」)によると、人々のコミュニケーションスタイルは、電話やメールからLINEなどのソーシャルメディアに移行してきています。調べによると、全世代でのソーシャルメディアの行為者率(平日:30.5%)は、携帯電話の行為者率(平日:21.0%)を上回っており、さらに20代では、ソーシャルメディアの利用率がメール利用率を抜いて1位のメディアとなっています。

また、企業の営業活動において、従来の電話を使った活動では「直接担当者につながらない」「相手とタイミングが合わない」と、双方にとって非効率な事象が発生しています。働き方改革が謳われる昨今の日本において、電話だけの営業活動には限界があり、効率的にチャットで要件をお伝えした上で、お客様の手が空いた「すきま時間」に内容を確認して頂く“チャットファースト”が時代に求められているといえます。

【概要】
このたびネオラボは、チャットボットをきっかけにオンライン通話・ビデオ商談へとつなげていく、お客様とのコミュニケーション手法を刷新する ”トータルマーケティングツール”「Calling」の提供を開始します。金額は月額 9,800円~、従量制プランの場合は、1接続あたり1分2円で設定しています。

ファーストコンタクトは、WEB経由のみならずLINE、Facebook Message, Skypeなど複数に対応しており、これらの問い合わせに対して、チャットボットが応答します。従来の営業の手間を省き、お客様へのレスポンスタイムと接触頻度をあげることができます。またチャットボットでのやり取りが進んだ後は、人の対応へシームレスに切り替えることができ、ボットではできないきめ細かい部分は人が対応するチャットへと移行します。チャットでの会話後はオンライン通話機能を利用してお客様と面談をしたり、資料共有・画面共有なども行え、ファーストコンタクト後の営業活動も「Calling」上で完結できます。

また「Calling」は社内コミュニケーションツールとしての利用も可能です。政府主導でテレワークが推進される中で、「Calling」は、WEBブラウザだけで、テレワークを実現するための機能が実装されています。各機能を使用することで気軽にコミュニケーションが取れるようになり、在宅の孤立感やテレワークにおけるコミュニケーション不足の解消に役立ちます。

【「Calling」の機能詳細】
■ Calling ChatBot
お客様からの問い合わせやメンバーからの相談に対し、チャット形式で応答することができる。WEBチャット、LINEチャット、Facebook Messange, SkypeをWEBブラウザの管理画面で一元管理できる。
また、AIが自動応答を行うBotサービスも用意。

■Calling Sale
会員登録などの事前準備は一切不要。1to1の商談に特化したシステム。
企業側の画面には、折衝ステータスやトークスクリプトなどを表示可能。資料の共有やデモ画面の操作方法、ホワイトボード機能(※2)など、対面営業と変わらない感覚でのコミュニケーションを実現。

(※2)ホワイトボード機能とはアップロードした共有資料の上にマーカーで線を引いたり、コメントを記載したりとホワイトボードのように情報を加筆することができる機能。

■Calling Meeting
Web会議システム。Googleカレンダーとの連携により、参加者のスケジュール予約も可能。社内外問わず、プロジェクトメンバーと円滑な会議を実現。画面の録画機能により、重要な会議や議事録を取れないシーンにも対応。
複数の拠点(最大15拠点)と同時接続が可能。

■Calling Live
1 対多拠点や、多数の聴講者へライブ映像を一斉配信。聴講者は、リアルタイムにチャットで講師へ質問を投げることができる。また参加者同士の意見交換も可能。

ネオラボは、リリースから1年で「Calling」の導入企業1,000社を目標とし、提供サービスのさらなる拡充を図ってまいります。

【ネオラボの概要】
所在地:東京都新宿区西新宿1-22-2 新宿サンエービル
代表者:代表取締役会長 酒井佑介
事業内容:1.東南アジアでのラボ型オフショア開発事業
2.ドローン、VR、ARホログラム等のソフトウェア開発 他
ホームページ: https://neo-lab.co.jp/

このページに掲載されているプレスリリースその他の情報は発表日現在の情報であり、時間の経過または様々な後発事象によって変更される可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

企業プレスリリース詳細へ (2017/07/18-11:53)






コメントを残す