給料より「パーパス」が勤労意欲を高める? ザッカーバーグも重視する重要事項 – エキサイトニュース

Home » 03マーケティング » 給料より「パーパス」が勤労意欲を高める? ザッカーバーグも重視する重要事項 – エキサイトニュース
03マーケティング, ブランディング コメントはまだありません



世界では、“会社が何のために存在するのか?”の「パーパス(Purpose)」を重視する考え方がトレンドだ。米国調査では、給与が下がってもパーパスが良ければ働きたい人が半数近くもいることが分かった。

そこまで会社で働きたいモチベーションを維持できる「パーパス」とは何なのか。あのFacebook創業者マーク・ザッカーバーグ氏も重視しているというこのパーパスについて探り、日本で広がる可能性を考えてみた。

ポジティブな「パーパス」を掲げる企業で働けるなら給料が下がってもいい49%

米国LinkedInが2016年7月、3,000人のビジネスマンを対象に行った調査によると、「人々の生活や社会に対してポジティブなパーパスを掲げる企業で働くならば、給与が下がってもいい」という回答がほぼ半数を占めたという。

「給与が1~5%下がってもいい」20%
「給与が5~20%下がってもいい」19%
「給与が20~100%下がってもいい」10%
⇒合計49%が「パーパスに共鳴できるなら給与が下がってもいい」と回答

米国LinkedIn調査「LinkedIn Fulfillment Study」2016年7月実施 対象:3,000人のビジネスマン

この恐るべきモチベーション維持をもたらす「パーパス」。しかしいまいちピンとこない。そもそも何のことなのか。

パーパスブランディングに基づいた企業ブランドなどのコンサルティングを行うエスエムオー株式会社のジャスティン・リーさんは次のように教える。

「パーパス(Purpose)は、日本語では『目的・意図』などと訳されることが多いですが、企業のブランディングにおいては『何のために存在するか?』、つまり『存在意義』のこと。企業のブランディングでなじみの深い『ビジョン』『ミッション』『バリュー(企業文化)』とはまた異なるものです」

「企業がパーパスを実現することで、人々の生活や世界に変化をもたらします。ポジティブなパーパスは、個々人・環境・世界へポジティブな影響をもたらします。重要なのは、従業員の心をがっちりつかんだパーパスであること、例えるなら磁石のように従業員を引き寄せる力がなくてはならないということです」






コメントを残す