開発目標、ピコ太郎さんがPR=国連で替え歌披露 – 時事通信

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 開発目標、ピコ太郎さんがPR=国連で替え歌披露 – 時事通信
02組織・コーポレートガバナンス, インサイダー取引 コメントはまだありません



「持続可能な開発目標(SDGs)」達成に向けた日本の取り組みをPRする岸田文雄外相(中央)とピコ太郎さん(右)=17日、米ニューヨークの国連本部

 【ニューヨーク時事】ニューヨークの国連本部で17日、日本政府主催のレセプションが外相も出席して開かれ、ヒット曲「PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)」で知られるピコ太郎さんが、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」の認知度を高めるために作ったPPAPの替え歌を披露した。
 ピコ太郎さんは国連のインターナショナルスクールに通う子供らと登壇。「ノー・ポバティ(貧困)」「エデュケーション(教育)」などの言葉を盛り込んだ替え歌を踊りながら熱唱し、早口で「サステーナブル・デベロップメント・ゴールズ(SDGs)」と歌う場面では会場の笑いを誘っていた。
 ピコ太郎さんは日本の外務省の依頼を受け、動画などでSDGsのPR活動に関わっている。レセプションには岸田氏の要請を受けて出席した。(2017/07/18-10:36)

【政治記事一覧へ】 【アクセスランキング】






コメントを残す