【特集】EMシステムズ Research Memo(2):医療事務処理コンピュータシステムの開発・販売が主力事業 – 株探ニュース

Home » 09情報技術(IT) » 【特集】EMシステムズ Research Memo(2):医療事務処理コンピュータシステムの開発・販売が主力事業 – 株探ニュース
09情報技術(IT), ASP コメントはまだありません



市場ニュース

戻る

2017年07月28日16時12分

【特集】EMシステムズ Research Memo(2):医療事務処理コンピュータシステムの開発・販売が主力事業

EMシステム <日足> 「株探」多機能チャートより

■会社概要

1. 会社概要
EMシステムズ<4820>は薬局を中心とする医療機関向けに、医療事務処理コンピュータシステムの開発・販売を行うITサービス会社である。「国民が安心して最適な医療を受けられるように『国民が受けた自らの医療情報』がいつでもどこでも必要なときに医療機関並びに国民が確認できる環境を構築する。」という会社方針のもと事業を展開する。主力事業である薬局向け医療事務処理コンピュータシステムは約16,000薬局で利用されており、市場シェアの約30%強を占め業界トップである。薬局向け、診療所・クリニック向けともに製品開発からシステム構築、販売、操作指導、メンテナンスまでを一貫して提供する製販一体体制を採っている。

直近では、薬局向けシステムに加え、診療所・クリニック向けの医療事務処理コンピュータシステム、電子カルテシステムの拡販に取り組んでいる。さらに、「医療(クリニック・薬局)と介護の情報連携」の実現による各事業のシェアアップを目指して、2016年10月には介護サービス事業者向け支援システムにも本格参入し、2017年3月には医療介護連携ソリューション「ひろがるケアネット」をリリースした。なお、2000年12月に株式を店頭登録(現東証JASDAQ)し、2003年5月に東京証券取引所市場第2部へ上場。2012年11月に同市場第1部銘柄へ指定された。

2. 沿革
同社の起源は1980(昭和55)年1月に兵庫県姫路市で医療事務用処理専用オフィスコンピューターの販売を目的として設立された(株)エム.シイ.エスである。1984年5月に(株)エム.シイ.エスとエプソン販売(株)の合弁により関西エプソンメディカル(株)((株)エム.シイ.エスより営業の全部を譲受)を設立した。セイコーエプソン<6724>の医療事務用コンピュータシステム事業からの撤退を機に1990年5月にエプソン販売(株)との合弁を解消し、商号をエプソンメディカル(株)へ変更した。1991年4月に自社製品である薬局向け保険請求事務処理システム「Recepty」(初代)の販売を開始した。さらに、1997年10月には業務ノウハウの蓄積を図るため(株)祥漢堂を設立し薬局事業を開始し、1998年4月に(株)イーエムシステムズに商号を変更した。2006年10月には薬局向け事業基盤をより強固なものにするために医科向けのノウハウ蓄積が必要との判断からOEM製品により医科システム市場へ本格参入した。2008年3月に新大阪ブリックビル(自社ビル)を竣工し、本社を移転した。

2010年以降は、医療事務システム事業の拡大を狙った事業提携やM&Aを積極展開している。2010年2月にビー・エム・エル<4694>と合弁し、電子カルテ開発等を目的として(株)メデファクトを設立(同社の出資比率50%。医科システム(電子カルテ)のエンジン部分の共同開発という目的を達成したため2014年7月に解散)した。2010年7月に(株)祥漢堂の株式を三井物産<8031>へ譲渡し、薬局事業を縮小する一方で、システム事業の基盤拡大に注力する。

また、ユーザー基盤の一段の拡充を図るため、2013年9月に医科システム開発、販売を手掛ける(株)ユニコンを、2014年10月には薬局システム開発、販売及び医科システム販売を手掛けるコスモシステムズ(株)を相次いで連結子会社化した。さらに、2014年3月には、取引関係の強化を図るため、エプソン販売(株)へ第三者割当による自己株式の処分を行った。2015年3月には、医薬品卸最大手のメディパルホールディングス<7459>への第三者割当増資による関係強化など、調剤システム事業の基盤拡充や、医科システム事業の基盤拡大を図る体制づくりを加速している。

製品開発面では、2000年代に入ってからインターネットの普及に足並みを合わせ、ネットワーク接続を前提とした製品開発に着手した。2002年6月にネットワーク(ASP)を利用した薬局支援システム「NET Recepty」を発売した。さらに、2008年11月にストック型ビジネスとして従量課金制度を採用した新システム「Recepty NEXT」を、2009年7月には医科向けシステム「Medical Recepty NEXT(MRN)」を開発、販売を開始し、調剤、医科システムともにフロー型からストック型のビジネスモデルに転換した※。

※調剤システムを例にとると、従来の料金体系は他のITサービス会社と同様に5年毎のシステムの売切り制。すなわち、ユーザーはシステム導入時に5年分の保守料金含めた利用料金を一括で支払い、さらに5年経過後にシステム毎買い換える必要が生じる仕組み。新しいストック型料金プランでは初期費用を抑え、月々の基本料と処理件数に応じた料金を支払う月額課金モデルに変更されたことにより、ユーザーの初期システム投資負担が大幅に軽減された。さらに、利用期間制限を設けない継続保証体制で常に最新のアプリケーションを利用できるようになったことが特徴。

さらに、2016年7月には、医科システム事業での一段の市場シェアアップを図るため、「稼働準備期間の短縮」と「カスタム設定・事前設定の省略」を図り、「買ってすぐ使える電子カルテ」をコンセプトとした診療所向け電子カルテシステム「オルテア(Ortia)」の発売を開始した。同年10月にはASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)型の介護サービス事業者支援システム「つながるケアNEXT」の発売を開始し、介護システム事業へ本格参入した。2017年3月には「地域包括ケアシステム」を支援する医療介護連携ソリューションとして「ひろがるケアネット」をリリースし、調剤・医科・介護の3つをシステム内で情報連携できるオンリーワン企業としての優位性をより強めている。

3. 事業内容
同社グループは、同社に加えて連結子会社5社と持分法非適用会社1社、非連結子会社2社で構成されており、薬局向けの調剤システムの開発・販売、診療所向けの医科システム開発・販売とその他事業の3つの事業を展開する。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山 崇行)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】






コメントを残す