元ラグビー日本代表選手と現役の女子ラグビー選手が、タグラグビーで … – 産経ニュース

Home » 02組織・コーポレートガバナンス » 元ラグビー日本代表選手と現役の女子ラグビー選手が、タグラグビーで … – 産経ニュース
02組織・コーポレートガバナンス, NPO/NGO コメントはまだありません



NPO法人チャイルド・ファンド・ジャパン
チャイルド・ファンド・ジャパンが実施するプロジェクト「パス・イット・バック~タグラグビーで子どもの成長を支えるプロジェクト~」で、子どもたちのタグラグビー競技大会を開催!

アジアの子どもたちを支援する国際NGOチャイルド・ファンド・ジャパン(東京都杉並区)が実施するプロジェクトの一環として、フィリピンでタグラグビーの競技大会が行われます。(公財)日本ラグビーフットボール協会の協力により派遣する選手たちと子どもたちとのラグビー交流も予定されています。

[画像1: https://prtimes.jp/i/8076/39/resize/d8076-39-450041-0.jpg ]

2017年8月5日(土)、フィリピンの西ネグロス州バコロド市近郊において、子どもたちのタグラグビー競技大会が開催されます。この競技大会は、チャイルド・ファンド・ジャパンが実施する「パス・イット・バック~タグラグビーで子どもの成長を支えるプロジェクト~」の一環として行われます。

今回の大会には、(公財)日本ラグビーフットボール協会の協力により、元日本代表選手の向山昌利さんと守屋篤さん、リオ五輪女子7人制日本代表の小出深冬選手、現役女子選手の田中夏葵選手が応援に駆けつけます。また、大会前日の4日(金)には、プロジェクトに参加する子どもたちへの技術指導などタグラグビーを通した交流も行われます。

[画像2: https://prtimes.jp/i/8076/39/resize/d8076-39-983051-1.jpg ]

「パス・イット・バック~タグラグビーで子どもの成長を支えるプロジェクト~」
https://www.childfund.or.jp/activities/pib/

「チャイルド・ファンド パス・イット・バック」は、タグラグビーとライフスキルを組み合わせたプロジェクトです。アジアの子どもたちや若者が、困難を乗り越え、前向きな社会的変化を起こす力を、タグラグビーを通して身につけ、それを自分たちが属するコミュニティの次の世代に「パス」していくことを目指します。ジェンダー平等に重きをおいており、現在プロジェクトに参加している選手とコーチの半数は女の子です。

[画像3: https://prtimes.jp/i/8076/39/resize/d8076-39-649460-2.jpg ]

チャイルド・ファンドは、2015年1月からラオスとベトナムでこのプロジェクトを実施しており、2016年12月からチャイルド・ファンド・ジャパンの支援地域であるフィリピンでも開始しました。このプロジェクトは、ワールドラグビー、アジアラグビー、ウィメン・ウィンとパートナーシップを組み、フィリピンにおいては、フィリピン・ラグビー・フットボール協会と協働しています。

[画像4: https://prtimes.jp/i/8076/39/resize/d8076-39-263359-3.jpg ]

8月4日(金)午後2時より、西ネグロス州バコロド市近郊にて、フィリピン・ラグビー・フットボール協会主催の記者発表を予定しています。ご出席をご希望の場合は、下記問い合わせ先までご連絡ください。






コメントを残す